やすあがりな模型基地

やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

最近のマシーネン事情

こんにちは。

今回は、最近のマシーネン事情についてです。

 

最近めっきり、フィギュアばっかりだったのですが、前回記事にした八王子のマシーネン展にいってから、マシーネン熱が高まってきています。

それでまあ、今回は最近いじっているファイアボールを載せていきたいと思います。

製作記って感じじゃないので雑記的な感じで書いていこうと思います。

 

エポパテシーリングしたファイアボール

f:id:kzyas:20190903062812j:plain

私マシーネンの中ではファイアボールが一番好きなのですが、丸みのあるボディに背中はバーニア丸出しっていう絶妙なバランスがすごく好きなんです。

 

展覧会でもファイアボール系の作品は沢山展示されていて、すごい作品ばっかり見ていたら、そりゃ作りたくなるじゃないですか。

ということで、夏休みの間に組み立てて、エポパテシーリングをしました。

f:id:kzyas:20190903062815j:plain

ファイアボールは再販されたときに、「これでもか!」ってくらい買っておいたので、実はまだ結構な在庫が眠っていたりします。

今回このファイアボールはエポパテシーリングしているのですが、普段マシーネンは特別な改造/工作はせず、ストレート組みなので、展覧会でみた↓のファイアボールみたいにずんぐりむっくりな感じにならないかなと思って珍しくやっています。

f:id:kzyas:20190903063745j:plain

マシーネン展で見たファイアーボール

塗装までしています。

f:id:kzyas:20190903063959j:plain

f:id:kzyas:20190903064002j:plain

基本塗装はエアブラシ。アンチフラッシュホワイトで塗装しています。

展覧会のような深みのある塗装をするんだったら、筆塗りで下地を泣かしながら塗装するほうが、もっと味わいがある塗装ができるかもしれないのですが、もろもろお手つきも多いので、さっとエアブラシでの塗装です。

 

このファイアボールについてはまた別に完成記事でギャラリーとしてお伝えしようとお思います。

 

次は宙に浮いたファイアボール

f:id:kzyas:20190903064356j:plain

仮組みだけは夏休み前に行っていました。

フィギュア製作だけだとちょっと煮詰まってきたりして、気晴らしに仮組みしていたものを夏休みのあいだで塗装しました。

こっちは今までやったこと無かった、宙に浮いている感じのファイアーボールにしています。一緒に添えているのはホネミッツさんのフィギュアにも無重力を感じさせるフィギュアがあったので、一緒に添えています。

 

それにしても、「単色のアンチフラッシュホワイトばっかりじゃねーか!」と自分でも思うのですが、このややくすんだ感じの白といいますが、実際には少し黄色が混ざっているような感じの、純粋な白で無いこの色はお気に入りで、これまで何度もアンチフラッシュホワイトの単色で塗っているのですが、飽きが来ないんですよねぇ…。

 

今回はグールスケルトン迷彩にチャレンジしてみようかなとか思ったりもしたんですけど、やっぱりアンチフラッシュを選んでしまって、実際何度も塗っているにもかかわらず「お、今回もかっこいいじゃん」ってなっちゃうんですよね。

何個同じものを作っても、楽しいって言うのはなかなかほかのプラモデルには無いことで、マシーネンのデザイン性がそれだけ優れていることを再認識させられます。

 

あと一応、1機目(エポパテシーリングした方)と2機目(宙に浮いている方)では微妙に質感を変えていて、1機目はジェッソ多少表面を荒くして、グランドブラウンによるすみ入れ兼、ウォッシングをしています。

2機目はステインブラウンで1機目にくらべるとそこまで激しくウォッシングをしておらず、1機目にくらべるとやや薄めのブラウンなので、すこしだけ印象が違うかなーと思っています。

 

そんなこんなでほかにも触っているマシーネンや関連フィギュアがあるのですが、今回はここまで。

それにしても、やっぱりマシーネン楽しいですね~。

マシーネンクリーガー展の思い出

こんばんは。

2019年7月13日~9月1日まで八王子でやっていた「横山宏のマシーネンクリーガー展」にいってきました。

f:id:kzyas:20190901214056j:plain

これは横山先生の立体作品やイラストの展覧会で、横山先生の作品の数多くの作品が見られました。

とにかく、すごい作品の数々!しかも展覧会は写真撮影OKとのことで、パシャパシャとってきました。

私は夏休みに2度ほど行ってきましたが、展覧会が終了したので、写真を載せたいと思います。(結構な量の写真です)

 

最初はSAFS系。

f:id:kzyas:20190901201201j:plain

f:id:kzyas:20190901201209j:plain

f:id:kzyas:20190901201218j:plain

f:id:kzyas:20190901201226j:plain

f:id:kzyas:20190901201234j:plain

f:id:kzyas:20190901201244j:plain

f:id:kzyas:20190901201305j:plain

f:id:kzyas:20190901201312j:plain

f:id:kzyas:20190901202335j:plain

f:id:kzyas:20190901201239j:plain

個人的にこの最後のファイアボールがすごい好きです。写真だと伝わらないかもしれませんが、単色なのに単色に見えない複数の白が混ざって、深い味わいのある色になっています。

こういった味のある塗装はまだ私にはできないなぁ、どれくらいの経験を積めばこういった味のある塗装ができるのか…。そんなことを考えてしまいました。

あと、デカールとかが劣化して少し黄ばんでいるんですけど、それもまた味があっていいですよね。

また、WAVEのファイアーボールと比べるとずんぐりむっくりしていて、これぞファイアーボールって感じです。

 

お次はフィギュア。

アイフォンのカメラをズームでとっている関係で、画像が荒いのはご容赦ください。

f:id:kzyas:20190901202136j:plain

f:id:kzyas:20190901202148j:plain

f:id:kzyas:20190901202158j:plain

f:id:kzyas:20190901202205j:plain

f:id:kzyas:20190901202209j:plain

f:id:kzyas:20190901202214j:plain

f:id:kzyas:20190901202500j:plain

f:id:kzyas:20190901202621j:plain

このサイズのフィギュアを直接見れる機会ってあんまり無いのですごい参考になります。筆塗りでここまで塗れるようになったら楽しんだろうなー。

 

次はデカブツをいくつか。

f:id:kzyas:20190901202903j:plain

f:id:kzyas:20190901202910j:plain

f:id:kzyas:20190901202915j:plain

f:id:kzyas:20190901210042j:plain

f:id:kzyas:20190901202922j:plain

ホビージャパンの作例でもみたんですが、やっぱりこのスネークヘッドのかっこよさはやばいですね。

f:id:kzyas:20190901202926j:plain

f:id:kzyas:20190901202933j:plain

このノイスポッターもすごくお気に入りです。赤いノイス!すっごくいいです。

最近新規金型でノイスポッター販売されたので、ぜひ参考にしたいと思います。

 

アンモナイツやヴィーナスーツとかも。

f:id:kzyas:20190901204919j:plain

f:id:kzyas:20190901204936j:plain

f:id:kzyas:20190901204950j:plain

f:id:kzyas:20190901204956j:plain

f:id:kzyas:20190901205000j:plain

f:id:kzyas:20190901204931j:plain

私赤い色が好きで、この朱色(でいいのかな)といいますが、ちょっと淡い感じの赤色が好みで、こういった塗装してみたいんですけど、赤みが強く出たり、逆にオレンジっぽくなったりで、このヴィーナスーツは唸ってしまいました。

 

ほかマシーネン以外の横山先生作品も数多く展示されているので、そちらも載せたいと思います。

f:id:kzyas:20190901205607j:plain

f:id:kzyas:20190901205619j:plain

f:id:kzyas:20190901205633j:plain

f:id:kzyas:20190901205645j:plain

f:id:kzyas:20190901205650j:plain

f:id:kzyas:20190901205701j:plain

f:id:kzyas:20190901205706j:plain

f:id:kzyas:20190901205715j:plain

f:id:kzyas:20190901205721j:plain

うーむ、私の語威力が無さ過ぎて、「すげぇ」としか出てこないのですが、どれもこれも造形がつぼでいつまででも見ていられます。。。

 

とまあ、写真いっぱいでお送りしましたが、これはほんの一部で展覧会ではもっと数多くの作品が目白押しでした。

 

しっかりお土産も購入。

f:id:kzyas:20190901213459j:plain 

今回の展覧会の一部が掲載されています。

 

tonerikoさんで図録が購入できるみたいなので、興味がある方はぜひ!

※2019/9/1時点情報

shop-tonerico.com

いやあ、それにしてもとても濃い空間でした。最近フィギュアばっかりだったんですけど、この展覧会に見事に影響されて、マシーネンが作りたくてしょうがないです!

ワンフェスの戦利品もあるのにね…。)

 

ということで、今回はここまで。それでは~。

jamming off 忍野忍 その4(完成)

jamming offさんの忍野忍完成回です~。

なんやかんや完成記事を書くのに結構な期間を要してしまいました。

 

ひとまずはギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20190829222720j:plain

肌はいつものようにラスキウスのホワイトピーチをベースにクリアーペールレッドを乗せています。

個人的には肌はもっと赤みが合ったほうがすきなのですが、あんまり赤みがあっても違和感あるかと思ったので、きもち赤みを抑えています。

f:id:kzyas:20190829222723j:plain

今回の製作で一番モチベーションが下がったのが瞳の塗装でした。

一応、写真のアングルとかでごまかし(きれてない?)ているのですが、なんとなく目線の位置がおかしい感じがあって、もっとがんばっておけばよかったなぁと思うところです。

f:id:kzyas:20190829222727j:plain

ワンピースとスカートの塗装は上手くいったかなと思っています。

特にスカートのグラデーションは上手くできたような気がします。

残りは適当なアングルを何枚か乗せていきます。

f:id:kzyas:20190829222717j:plain

f:id:kzyas:20190829222732j:plain

サンダルやリボンなんかは筆塗りでの塗装です。またクリアのアクリル板はボークスで購入してきました。

f:id:kzyas:20190829222736j:plain

f:id:kzyas:20190829222739j:plain

f:id:kzyas:20190829222743j:plain

f:id:kzyas:20190829222909j:plain

f:id:kzyas:20190829222925j:plain

 

ギャラリーは以上になります。

まとめと振り返り

さて、まとめと振り返りをしていきたいと思います。

今回は瞳の塗装が上手くいかなかった辺りから、モチベーションが下がって製作がとまりそうになったのですが、なんだかんだ完成すると、やっぱり作ってよかったなーという気持ちが出てきます。

やっぱり完成させるって大事だなと感じました。

 

肌の塗装はラスキウスでだいぶ安定してきた感じがあるので、フィギュア塗装ではこれからもお世話になろうと思っています。クリアー塗料の吹き方しだいで、肌の質感も表現できそうなので、まだまだいろいろ試してみようと思います。

 

今回は塗装したことの無いドーナツの塗装もあったのですが、上手く塗装できたかなと思います。たぶん今回のキットで一番経験になったのがこのドーナツの塗装だったように思います(笑)

まあ今後こういった小物類を塗装する機会があるかはわからないのですが、タミヤからスイーツデコレーション用のツールが沢山出ているようですし、気が向いたら手を出しているかもしれません。

 

ということで、jamming offさんの忍野忍でした~。

それではまた。

jamming off 忍野忍 その3

こんにちは。

夏季休暇が終わり、本格的に仕事が始まって一週間くらい経つのですが、なかなか気持ちが元に戻りません(汗)

さて、今回は伸ばし伸ばしになっていたjamming offさんの忍野忍の続きをやっていきます。

前回は本体の塗装まででした。

kzyas.hateblo.jp

今回は、小物のドーナツの塗装をやって行きます。

前回の記事でも書いたのですが、ドーナツなんぞ塗装したことが無かったので、ここで結構時間を使うことになりました。

 

まずドーナツにもサフを吹いておきます。

f:id:kzyas:20190823053428j:plain

劇中でもミスタードーナツ出てきてましたが、ポンデリングフレンチクルーラー等忠実に再現されてます!

 

何はともあれ、まずは生地の塗装です。

最初はサンドイエローのようなミリタリー系の塗料を使って塗装したのですが、これがものすごくまずそうなドーナツに仕上がったので、トライアンドエラーでなんどかやり直しました。

結局、ダイソーに売っていた水性絵の具の黄土色が一番近そうだったのでこれを使うことにしました。

 f:id:kzyas:20190824092102j:plain

また、生地の上にはチョコレートソースも乗せたいです。

これは、エポキシ接着剤とエナメル塗料で作ることにしました。

 f:id:kzyas:20190824092139j:plain

チョコレートソースは手元にあったフラットブラウンにブラックを少しずつ加えて、それっぽぽく見えるようにしました。

チョコだけだと、暗い色味だけのドーナツになってしまうので、ストロベリーソースも作ります。


ストロベリーソースはエナメルのピンクでいいかなと思っていたのですが、ちょっと白すぎるストロベリーソースになってしまったので、エナメルのレッドにホワイトを少しずつ混ぜて作成しました。

f:id:kzyas:20190823060314j:plain

 

調色したソースにエポキシ接着剤を混ぜて、ドーナツに塗っていきます。

エポキシ接着剤を結構多めに入れているのでかなりとろみがあります。これを盛り付け。

f:id:kzyas:20190823060828j:plain

 

このあとどんどん盛り付けをして、気持ち少し垂れそうになるくらいまで盛り付けます。

f:id:kzyas:20190823060757j:plain

f:id:kzyas:20190824092622j:plain


クリームやシュガーソースも表現してみます。

ヨドバシの模型コーナーに普通に売っていたのですが、タミヤからスイーツデコレート用のツールが結構出ているみたいで、ちょっとびっくりしました(笑)

f:id:kzyas:20190824092945j:plain

 (つやを出すためにクリアーソースも買いましたが、結局使いませんでした…)

 

最終的にはこんな感じです。

f:id:kzyas:20190824093348j:plain

 

 もう少し、生地に焼き色とかつけてみたかったのですが、結構時間もかかっているので、完成を急ぎました。

 

ということで今回はここまで。

お次は完成回になります。それでは~。

ワンフェス2019夏の思い出(戦利品紹介その3+α)

こんにちは。

えー、だらだらと続いていたワンフェス2019夏の思い出編もこれにておしまいです。

kzyas.hateblo.jp

kzyas.hateblo.jp

kzyas.hateblo.jp

最後は戦利品紹介のほかに、気になったものの紹介も含みます。

Munchkin

こちらは冬のワンフェスでも立ち寄ったところで、冬は藤本圭紀さん原型のタイニークリーバーを購入しました。

やっぱり人が多くて、終始人が絶えないブースでしたねー。

f:id:kzyas:20190811000311j:plain

藤本さん新作のキャンディーラグーン。

f:id:kzyas:20190811000315j:plain

イービルブラッドは欲しかったのですが、ディスプレイオンリー。

 

今回は大畠雅人さん原型の「game」を購入しました。

f:id:kzyas:20190811000720j:plain

game

正直、今の私の腕前ではとても上手にぬれる自信がないので、結構先になりそう…という感じなのですが、ひよっててもしょうがないのでタイミングを見つけて少しずつ進めていきたいと思います。

f:id:kzyas:20190811001042j:plain

f:id:kzyas:20190811001047j:plain

他の写真もパシャリ。ここのブースは見ているだけも楽しかったです。

雲之(Kumono)

こちらのディーラーさんではオリジナル「水縛」を購入しました。こちらのディーラーさんも中国の方です。

f:id:kzyas:20190811001658j:plain

水縛

実に繊細な造形です。

私が立ち寄ったときにも結構な方が見学されていて、購入しようか迷っている方も見受けられました。

GSプロジェクト

戦利品紹介はこれで最後!

買い物リストを事前に用意していたのですが、その買い物リストに書き忘れてしまい、途中でふっと思い出して、あわてて立ち寄りました。

 

ここで購入したのは…。

f:id:kzyas:20190811003112j:plain

 

キスショット!

まさかこのワンフェスでキスショット2種類も買うとは思っていなかったのですが、こちらのキスショットも欲しかったものです。

今回再販されるとのことで、途中で思い出せてよかった。。。

f:id:kzyas:20190811003345j:plain


10歳バージョンキスショットも欲しかったのですが、こっちは売り切れていました。。ちゃんと買い物リストに書いておけば買えたかなぁ…。

 

ということで、戦利品紹介はこれで終わりなのですが、残りは欲しかったけど、買えなかったものや、気になったものなどを紹介したいと思います。

Quartz

今回のワンフェスはほぼ欲しいものが買えたのですが、唯一買えなかったのはこちらのディーラーさんのLolitaです。

f:id:kzyas:20190811003821j:plain

Lolita

やはりオリジナルのキットなのですが、なびいているスカートの感じと全体的な雰囲気がすごくよかったのですが、立ち寄ったときには売り切れていました。。。

結構早めに立ち寄ったつもりでしたが…。残念!

軽音堂

買うか迷っていた軽音堂の めがねさん「黒」 です。

f:id:kzyas:20190811004203j:plain

めがねさん「黒」

立ち寄ったときにはとっくに売り切れでしたが、これだけ大きいと値段も財布と相談しないといけない感じで、悩んでいたらお昼前になっていたのですが、やっぱりいいガレキは直ぐ無くなっちゃうなーなんて思いました。

 

 

残りは不意に立ち寄って気になったキットなど乗せたいと思います。

 

ディーラー名を確認し損ねてしまったのですが、ここも結構な人が立ち寄っていました。

f:id:kzyas:20190811004630j:plain

f:id:kzyas:20190811004634j:plain

f:id:kzyas:20190811004638j:plain

3Dプリンタでの出力らしいのですが、これはすさまじい造形ですね…。

 

すしねこ堂さんのサイレントヒールゾーン。

f:id:kzyas:20190811004901j:plain

f:id:kzyas:20190811004905j:plain

f:id:kzyas:20190811004911j:plain

f:id:kzyas:20190811004914j:plain

 

gillgillさんのところで見た、黄鉄鉱化したアンモナイトです。

植物少女園さんとコラボしているみたいで、塗装サンプルが飾られていました。

f:id:kzyas:20190811005115j:plain

中国の造形化の方が作られたようです。すげーな。

f:id:kzyas:20190811005120j:plain

 

一通り見るもの見たら、最後にワンダーショウケースを見ました。

やっぱりオリジナルのガレキが気になります。

f:id:kzyas:20190811005725j:plain

f:id:kzyas:20190811005733j:plain

f:id:kzyas:20190811005739j:plain

クロンダイクさんは今回お休みだそうで、次回何かしらのキットを買いたいと思います。

f:id:kzyas:20190811005742j:plain

f:id:kzyas:20190811005747j:plain

 

まとめ

ということで、長くなりましたが2019年夏のワンフェスの思い出編終わりたいと思います。

今回しこたま買ったので、リュックがパンパンになりました(汗)

f:id:kzyas:20190811010203j:plain

予備の袋もパンパンに…。

 

事前に買い物リストに書いたものはほぼ買えたので非常に満足!大勝利のワンフェスでした!

あとはちゃんとつくれよ!って話ですね。(特にキスショット2種)

ダイレクトパスの存在も大きかったと思うので、次もダメもとで抽選に応募しようかと思っています。

それと、国内のディーラーさんだけではなくて、海外のディーラー、特に中国の方の造形はかなりすごいのでこれから注目していきたいと思いました。オリジナルのガレキは見逃さないようにしていきたいです。

 

お昼過ぎには退散。そういえば、企業ブースを覗いていなかったのですが、すっかり忘れていました。

f:id:kzyas:20190811010843j:plain

 

また来年!それまでに1個でも今回購入したものを完成させたいと思います。

f:id:kzyas:20190731054425j:plain