やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

メッサーラその2

サーフェイサーを噴いて、下地の準備をするとともに、傷を発見していきます。

 

スジ彫りをした際についてしまった傷は黒瞬着で埋めていきます。

今回は、全体的に明るい色で塗りたいので発色をよくするために、サフのMrベースホワイトを塗っています。

 

一部厚く塗りすぎて垂れてしまったところもあるので、またやすりで処理したり、傷がまだ目立つ部分があるので、この後何度かサフを噴いてみます。

 

f:id:kzyas:20150604223741j:plain

 

サフを噴く必要性はよく議論されますが、自分の場合はこういった元の色が濃いキットはいったん色をリセットした方が塗りやすいような気がしています。

また、ゲート処理した際の傷等を埋めたり、きもち程度ですが塗料がはがれにくくなっているような気がします。

 

ということで、手間のかかる割には地味な作業ですが、地道にやっていきます。