やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

SEAPIGその3

一体目のSEAPIG、とりあえず完成としました。

f:id:kzyas:20160117192835j:plain

 

使い込まれた感じを出したかったのですが、いろいろな作例を見ているうちどう汚していいか、よく分からなくなってきたので、ウェザリングカラーのマルチブラックを塗りたくってふき取りを行いました。

そもそも宇宙空間での汚れって、どんなものがあるのか自分でもよく分かっていなかったため、深追いせずにここで止めておきました。

本当はチッピングなんかをしたかったのですが、うっかりシリコンバリアーを塗り忘れてしまったため、チッピングは断念。

 

f:id:kzyas:20160117193929j:plain

 

頭部はファレホで塗装。

ハッチ裏が陰になってしまっていて何も見えなくなっていますが、一応ここも塗装。

フィギュアの頭部は、何色にしようか迷った挙句、クールホワイトで塗装。

まだまだ、細かい部分の塗装が苦手すぎて塗料がはみ出まくりですが、ここらで限界と感じたのでここまで。。。

 

f:id:kzyas:20160117194430j:plain

脇の下あたりに丸いくぼみがあって、「ピンバイスで穴あけてください」といわれているような気がしたので、急に思い立って穴を開け、動力チューブ的なものを付けてみたり。

 

f:id:kzyas:20160117194353j:plain

バーニアは迫力もあるのでもう少し汚し等いろいろできたかも。

 

f:id:kzyas:20160117194907j:plain

赤いデカールが素敵です。

そういえば今回は光沢で仕上げました。なんとなく宇宙空間の機体は光沢かなと。

 

f:id:kzyas:20160117195052j:plain

ということで、1体目のSEAPIGでした。

2体目も姉妹機ってことで、同じような仕上がりになる気がします。