やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

minimum factory ダージリン(完成)

昨日に引き続き、minimum factoryの完成品です。

少し前に発売した、ガールズアンドパンツァーのダージリンです。

ダージリンの前に、カチューシャ&ノンナも作成したのですが、先にこちらを紹介したいと思います。

 

整形色そのままでもいいのですが、やはり部分塗装は必須です。

特に、カップティーとソーサは肌と合体しているので、完全無塗装は厳しいかなと思います。

f:id:kzyas:20180820193039j:plain

 

こういった部分もあるので、ネーネと同じようにある程度パーツ単位で接着した後、白サフを吹いておきました。

 

下の画像はある程度まで進めた状態なのですが、途中で何気なくパッケージ裏を見てみると足の開き方が違うことに気がつきました。

後ろのパッケージを見るとわかるのですが、内またになっています。私のは足が開いています…。

このダージリン、ネーネと違って微妙にダボがわかりにくくなっている個所があり、どうやら左右間違えたようです。

まあ左右間違えても、そんなに違和感無いのでこのまま進めることにしましたw

f:id:kzyas:20180820193543j:plain

 

さて、特別他に語ることがないので後はギャラリーになります。

f:id:kzyas:20180820193910j:plain

ネーネの時は目を塗装したのですが、ダージリンは目のくぼみが浅く、塗装が難しいうえ、ミスるとダージリンぽさがなくなるような気がしたので、素直にデカールを使いました。

f:id:kzyas:20180820193923j:plain

 

髪の毛はもう少し、クリーム色なんですが、思いのほか黄色みがかってしまいました。

あと、肌部分は筆目が出てしまい、ちょっと失敗です…。

f:id:kzyas:20180820193930j:plain

f:id:kzyas:20180820193937j:plain

 

一番難儀したのがカップとソーサが並行にならず、どう頑張っても斜めってしまうことです。

お手軽に完成させることが第一だったので、手首の調整はせず、あるがままで完成させました。

カップは内部がくりぬかれているわけではないので、一応塗装していますが、この距離だと荒さが目立ちますねw

カップとソーサの模様はデカールです。予備もあるので精神的に安心です。

f:id:kzyas:20180820193943j:plain

 

ということでダージリンでした。

さっくり作ったので一日ちょっとでの完成です。このシリーズはパーツも少なく、適度にフィギュア塗装の練習ができるのでとてもいいですね。

次回は完成済みのカチューシャ&ノンナになります。