やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

Ma.k NIXE&OWL その2(完成)

ニーゼ&オウル完成回です。

制作記はこちらです。

kzyas.hateblo.jp

その1でも書いたのですが、2機同時制作で、ニーゼを前衛機、オウルを援護機という設定です。

ビネットは大きな土台にしてもよかったのですが、飾った時に単体でも見られるように分割(という表現が正しいのか謎ですが)にしています。

 

では残りはギャラリーです!

f:id:kzyas:20181103213126j:plain

▲ハッチが開いた状態で突撃かましているのはちょっと違和感あるかもしれませんが、せっかくのフィギュアが目立たなくなるのが嫌なので、オープンにしています。

設定的にどうかというより、飾った時に絵になるかどうかでポーズも決めるので、リアルで見ると違和感あるところも出てくるかもしれません。

f:id:kzyas:20181103213130j:plain

▲顔の塗装はかなり赤みがかった色をベースにファレホですこしずつ明るくしています。結構前のめりになっているのですが、足とベースは真ちゅうで繋げています。

f:id:kzyas:20181103213332j:plain

▲前衛機のニーゼには肩アーマーを付けていません。2個同じキットなので、変化をつけたかったのです。

f:id:kzyas:20181103213134j:plain

▲ベースは瓦礫ミックスや100均のバークチップなども使っています。

f:id:kzyas:20181103213139j:plain

▲援護機のオウル。

若手のパイロットという設定で、前衛機と違ってちゃんとヘルメットをかぶり、ニーゼパイロットとは対照的にしてみたつもりです。

f:id:kzyas:20181103213143j:plain

▲桃色戦車さんのコンテナは目立たせたかったので、前に見えるように配置。

ファレホのブラックグレイで塗って、ウェザリングマスターのアカサビ、シルバー等でドライブラシしまくって、重みを表現してみました。

パンツァーファウスト4本塗装は地味にしんどかったです。。。

f:id:kzyas:20181103213122j:plain

▲ところどころ下地の黒サフが見えているのですが、ウェザリングカラーのうすめ液でふき取っている最中にぺろっとむけてしまいました。ただまあ、自然な感じではがれてくれたので、ラッキー位に思って塗装のやり直し等はしていません。

 

というところで、ニーゼ&オウルの完成回でしたー。

2機の同じキットの制作は大変でしたが、その分やりきった感があります。ただまあ、しばらくは同じキットの同時制作はいいかな…wといったところです。

ではまた。