やすあがりな模型基地

やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

jamming off 忍野忍 その4(完成)

jamming offさんの忍野忍完成回です~。

なんやかんや完成記事を書くのに結構な期間を要してしまいました。

 

ひとまずはギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20190829222720j:plain

肌はいつものようにラスキウスのホワイトピーチをベースにクリアーペールレッドを乗せています。

個人的には肌はもっと赤みが合ったほうがすきなのですが、あんまり赤みがあっても違和感あるかと思ったので、きもち赤みを抑えています。

f:id:kzyas:20190829222723j:plain

今回の製作で一番モチベーションが下がったのが瞳の塗装でした。

一応、写真のアングルとかでごまかし(きれてない?)ているのですが、なんとなく目線の位置がおかしい感じがあって、もっとがんばっておけばよかったなぁと思うところです。

f:id:kzyas:20190829222727j:plain

ワンピースとスカートの塗装は上手くいったかなと思っています。

特にスカートのグラデーションは上手くできたような気がします。

残りは適当なアングルを何枚か乗せていきます。

f:id:kzyas:20190829222717j:plain

f:id:kzyas:20190829222732j:plain

サンダルやリボンなんかは筆塗りでの塗装です。またクリアのアクリル板はボークスで購入してきました。

f:id:kzyas:20190829222736j:plain

f:id:kzyas:20190829222739j:plain

f:id:kzyas:20190829222743j:plain

f:id:kzyas:20190829222909j:plain

f:id:kzyas:20190829222925j:plain

 

ギャラリーは以上になります。

まとめと振り返り

さて、まとめと振り返りをしていきたいと思います。

今回は瞳の塗装が上手くいかなかった辺りから、モチベーションが下がって製作がとまりそうになったのですが、なんだかんだ完成すると、やっぱり作ってよかったなーという気持ちが出てきます。

やっぱり完成させるって大事だなと感じました。

 

肌の塗装はラスキウスでだいぶ安定してきた感じがあるので、フィギュア塗装ではこれからもお世話になろうと思っています。クリアー塗料の吹き方しだいで、肌の質感も表現できそうなので、まだまだいろいろ試してみようと思います。

 

今回は塗装したことの無いドーナツの塗装もあったのですが、上手く塗装できたかなと思います。たぶん今回のキットで一番経験になったのがこのドーナツの塗装だったように思います(笑)

まあ今後こういった小物類を塗装する機会があるかはわからないのですが、タミヤからスイーツデコレーション用のツールが沢山出ているようですし、気が向いたら手を出しているかもしれません。

 

ということで、jamming offさんの忍野忍でした~。

それではまた。