やすあがりな模型基地

やすあがりな模型基地

プラモデル・ガレージキットの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

ニューラリーポーンとヌギカケガール その2(完成)

ニューラリーポーンとヌギカケガールのビネット完成回です。

前回の制作記はこちらからどうぞ。

kzyas.hateblo.jp

ではさっそくギャラリーです。

f:id:kzyas:20211118065805j:plain

格納庫内で補給を受けているようなイメージにしています。

ニューラリーポーンはファイアボールのバーニアを試験的につけた、という設定にしてます。

宇宙用の機体なので、こんなに汚れることもないのでしょうが、ここは自分の性といいますか、久しぶりのマシーネンでちょっと調子に乗って汚しすぎた感はありますね(苦笑)

 

f:id:kzyas:20211118070449j:plain

いつもめんどくさがって、マシーネンの腕、足周りの動力パイプは省いてしまうのですが、グレー単色で仕上げる予定でしたので、差し色を入れるために用意しました。

動力パイプは「自遊自在」というワイヤーを使っています。

塗装時にワイヤーが動かないよう、接着剤を塗布して固定しています。

 

f:id:kzyas:20211118071148j:plain

ビネットはハンズで買った木材にプラ版を接着。タンクはWAVE製です。

タンクからつながっているパイプ類はアルミをまげて使っています。

ビネットにもワンポイントほしかったので、イエローで警戒線ぽいものを入れています。

写真だとわからないのですが、リベットを各所に入れていて、ちょっと錆させています。

 

f:id:kzyas:20211118071635j:plain

バーニアを付けたことでボリューム感が出てカッコイイニューラリーポーンになったと思います。

今回、ビネットも、ニューラリーポーンも過度に汚している為、対照的にヌギカケガールは気持ち明るめに塗っています。

前回塗装した際はシャドウがテカっていたりとせっかくの造形の良さを殺してしまったため、今回はその反省を踏まえて塗装しました。

 

f:id:kzyas:20211118072159j:plain

先ほども書きましたが、全体的に暗めのトーンの中でこのフィギュアだけはちょっと明るめに。

このつなぎのしわの感じが絶妙で、軽くドライブラシをするだけでも自然と色が乗り、塗装を楽しくさせてくれます。

どうしてもこのサイズの塗装は勇気がいるというか、気合を入れる必要があるのですが、造形の良さに身(筆?)を任せれば、塗っていけるのでありがたいですね。

サイトウヒールさん原形のフィギュアはどれもそうなんですが、どこから見ても絵になるので、見ているだけでも楽しいです。

 

f:id:kzyas:20211118072836j:plain

f:id:kzyas:20211118072905j:plain

マシーネンは単体で仕上げても楽しいですが、フィギュアが一体あるだけでいろいろ想像できて楽しいですね。

 

というところで、今回はここまでです。

ヒラメキガールも残っているので、何かと合わせたいところですが、いろいろと仕掛品が多いので、どうしたものかなと考えているところです。

それではまた