やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

MK44 WHITEKINGHT その1

ヤクトグスタフ、コンラートがほぼ完成しまして、次のキットに取りかかっていきたいと思います。

次に取りかかる予定のキットはこれ。今年の夏に出たホワイトナイトです。

月末にラプーンが販売されたり、作成中のガレキなどもあるので、あくまで予定という感じです。

f:id:kzyas:20171121213959j:plain

このキットものすごい好みのデザインで前から欲しかったのですが、長いこと絶版で手に入らず、アマゾンであっても高すぎて買えず…

購入は諦めていたのですが、ようやく再版されました。

一応、昨年末に発売されたハンマーナイトにホワイトナイトのパーツが入っているので、それを使って作れないこともないのですが、微妙にパーツが足りないので、このキットの発売はとてもうれしかったです。

 

それにしても、今年は欲しかったキットの再販や発売(ファイアボールやこれや今月末のラプーン)が多くて積みが加速します(笑)

マシーネン関連のキットは複数購入が常で、これも例にもれず複数個買っておきました。

後で買おうとか思っていると知らぬ間にお店から姿を消しているので、あるうちに買ってしまえという感じです。(ファイアボールはすっかり姿を消しましたしね…)

最近では定価の2~3割引きでも売られているようなので、もう一個くらい買ってしまおうかと思っています。

 

夏休みに組み立てをしておいたので、後はサフをふいて塗装にはいれるところまで準備しています。

f:id:kzyas:20171121220152j:plain

f:id:kzyas:20171121220253j:plain

ナイツ系は今までに複数個作っているので、説明書がなくてもある程度作れるようになってきました。

いままで作成したものは内部の塗装をしていなかったので、めんどくさい病がでなければ、内部の塗装もしていきたいところです。

 

本体色はシンプルにホワイトかファイアボールの時に使ったアンチフラッシュホワイトを使おうと思っています。

いきなりオリジナルな塗装は後で後悔しそうなので、まずは塗装例に則っていきたいと思います。

 

あとは練習をしていきたいフィギュアの塗装。

いくつか購入してあるのですが、下の二つのうちのどちらかをホワイトナイトに添えたいと思います。

造形が素晴らしすぎるだけに自分の塗装技術で雑にならないようにしたいところです…

f:id:kzyas:20171121221232j:plain

冒頭でも書いたように、ラプーン販売や作成中のもあり、本体の制作で満足してしまう可能性もあるので、フィギュアは余裕があったら…という感じでやっていきたいと思います。

KONRAD おかわり編 その2

コンラートおかわり編第2回です。

黒サフ後、シタデルでバーっと筆塗りしました。

ポイントカラーになると思って、部分的にオレンジを混ぜてみましたが、おもちゃっぽくなってしまった感があって、ちょっと失敗したかもしれません。

f:id:kzyas:20171112173508j:plain

 

使用した塗料はこれ。

識別帯に使ったイエローは個人的に理想的な色で、これからもマシーネンで識別帯を塗る時はお世話になるかもしれません。

 

f:id:kzyas:20171112174407j:plain

 

基本塗装の後はいつも通り、ハードなウェザリング

ヤクトグスタフと同じように、ウェザリングカラーのステインブラウンとマルチブラックを混ぜてウォッシングです。

f:id:kzyas:20171112175215j:plain

 

中の人はテストパイロットという設定なので、それっぽくなるようにメットはオレンジで塗装。

バイザーはもともとの色とあまり変わらないのですが、ここもシタデルで塗装しています。

マスクとバイザーで顔が覆われているので、瞳の塗装をすることがなく、いつもより気楽でした(笑)

f:id:kzyas:20171112175744j:plain

 

コックピット内部に棒状の機器(なんでしょうこれ…?)があって、一部は導線ぽかったのでここもオレンジで塗装しておきました。

f:id:kzyas:20171112180457j:plain

 

サビ表現はいつもどおり、油彩やガイアノーツのエナメルなどで行いました。

残るはデカールとシュツルムファウストの仕上げをして完了です。

f:id:kzyas:20171112181422j:plain

JAGD GUSTAV その1

こんにちは。

今回はおかわりコンラートと同時制作しているヤクトグスタフです。

 前回の記事でも書いたのですが、結構迷って購入しました。

改造キット+本体(レオパルド)でそれなりのお値段になってしまうので、購入を躊躇していたのですが、ボーナスも近かったので思い切って買ってしまいました。

 

下は仮組中の状態。

本体はレオパルドかケッツァーの使用が推奨されていますが、コンラートでもいいようです。違いは背中のパーツ(排熱機器?)だけっぽいです。

わずかにですが、すこしすべすべした感じ(離型剤?)があったので洗剤で洗っておきました。

f:id:kzyas:20171105220008j:plain

 

合わせ目処理をした後、普通の接着剤で改造キットを本体に貼り付け。

その後、いつものようにジェッソを塗りたくって、黒サフしておきました。

f:id:kzyas:20171105222135j:plain

 

この後、ファレホのガンシップグリーンで筆塗り塗装しました。

ファレホでグリーン系の塗料は似たようなのを持っているのですが、どれも明るめの緑なので少し暗めのグリーンを購入しました。

また、識別帯はコンラートと同じ、ファレホのオフホワイトで塗装しました。

f:id:kzyas:20171105222704j:plain

 

でもっていつもどおり、ウェザリングカラーでべたっとウォッシング。

ステインブラウン+マルチブラックを半々くらいで混ぜたと思います。

f:id:kzyas:20171105223115j:plain

 

内部の塗装やフィギュアの塗装がないので、比較的に楽に制作できました。

並行しての制作なのと、今月末にはラプーンが発売されるので、コンラートとともに月末までには完成させたいところです。

KONRAD おかわり編 その1

こんばんは。

タイトルの通りなのですが、コンラートの2機目を制作(おかわり)し始めてしまいました…

もともとおかわりする予定は無かったのですが、ヤクトグスタフの内装パーツを余らせるのがもったいないので、それを使うべく、おかわりをしてしまったというわけです。

 

というかヤクトグスタフ自体も買おうかどうか結構前から悩んでいたのですが、もうすぐボーナス出るしまあいいかなーということで、勢いで購入してしまいました。

 

ヤクトグスタフは2882MODELINGさんから出ているガレージキットで、これまた素晴らしいキットです。並行して制作中なわけですが、これについては別記事で語りたいと思います。

 

ヤクトグスタフはハッチを開いた状態と閉じた状態を選択できるようになっており、閉じた状態の場合は内装が見えなくなるため、パーツを余らせることになります。

 

余ったパーツの中で使用できそうなものは下記。

クリアキャノピーはレオパルドから持ってきています。

f:id:kzyas:20171029225831j:plain

 

前面のモニター部分を設置するのに、ヤクトグスタフの前面装甲が必要になるので、これをおゆまるを使って複製しました。

f:id:kzyas:20171029230206j:plain

 

おゆまるでの複製は初めて行いました。

そんなに複雑なディテールがあるわけではなく、パーツも大きくないので複製自体は難しくないだろうと思っていたのですが、うまいこと型どりができなかったり、パテの量が多すぎて、複製したパーツが太くなりすぎたりとなかなか苦戦しました。

 

おゆまるでの複製には流動性を考えてポリパテが一般的だと思うのですが、型から取り出すときに、折れたりするのでは?と強度的に不安になったのでエポパテにしてみました。

木部用なのは硬化が普通のエポパテよりも速そうだったからという理由です。

ウェーブ性のエポパテに比べるとかなり早く固まるので、短い時間でなんどかトライ&エラーができたのが良かったです。

型はまあ、ガタガタなのですが、大体の形ができれば多少の気泡なり、欠けがあってもパテで補正すればいいので無視しました。

f:id:kzyas:20171029231222j:plain f:id:kzyas:20171029231216j:plain

 

ある程度黒瞬着で、気泡、欠けを処理して、サフを吹いた後です。

最終的にはジェッソなどでテクスチャーを付ける予定だったので、まだ気泡っぽいものが残っているのですが、これは無視しました。

f:id:kzyas:20171029232153j:plain

 

残るはちょっとしたディテールアップです。

サイドキャノピーのガードはリベットに置き換え。これは前のコンラートと同じです。

f:id:kzyas:20171029232427j:plain

 

ここは真ちゅうに置き換え。前のコンラートのときはリベットに置き換えていました。

f:id:kzyas:20171029232714j:plain

 

腕の部分はもともとリベットらしきディテールがあるのですが、もう少し存在感が欲しかったので、ここも置き換え。

f:id:kzyas:20171029232922j:plain

 

でもって、いつもどおり、ジェッソで派手にテクスチャー付け。

今回は少しラッカーパテも使用しています。

f:id:kzyas:20171029233054j:plain

 

その後、いつもどおり黒サフで塗装の準備完了です。

f:id:kzyas:20171029233200j:plain

 

次は本塗装に入りたいと思いますが、まだ塗装プランが決まっていないので、先にヤクトグスタフの合わせ目消しや、別に購入しているガレージキットの制作をしようかと思っています。

KONRAD 完成

夏休みごろから作成していたコンラートが完成したのでアップしたいと思います。

シュトラール軍のキットはフィギュアの塗装が必須なので、今まで避けてきたところがあるのですが、ちょうどフィギュアの塗装練習もしていた時期なので、思い切って作成してみました。

 

ジェッソでテクスチャーを付けて、黒サフ。

基本塗装はダークイエローで行いました。識別帯はファレホのオフホワイトです。

最終的にかなり汚しているので、いま見るとだいぶ明るい感じです。

f:id:kzyas:20171018235354j:plain

 

油彩でバーントシェンナやブラックでサビと傷の書き込みを行いました。

同時に油彩を伸ばして、軽くウォッシングっぽいこともしています。

この時点でも結構激し目に汚しているので、ここで止めておいてもよかったのですが、調子に乗ってさらにウェザリングカラーで追加のウォッシングを行ってしまいました(汗)

f:id:kzyas:20171018235512j:plain

お顔の方はまだまだですが、自分の中では結構ましな方なのです…

 

今さらですが、コンラートは中隊長が乗る機体らしいです。

ここまでずたぼろにした機体に隊長が乗るのかという問題があるのですが、気がついた時には塗ってしまったのでキニシナイ方向で(笑)

f:id:kzyas:20171018235930j:plain

 

残るは完成後のギャラリーになります。

こちらにもありますが、一部を当ブログに載せたいと思います。

 

ぼろぼろの機体なので肩のガードはつけていません。

また、キャノピーの横につくガードもリベットに置き換えています。

 

f:id:kzyas:20171019001529j:plain

背中のさびはガイアノーツのアカサビなどを使用しました。

f:id:kzyas:20171019001822j:plain

 

雨の日に艶消しを吹いたせいか盛大にかぶってしまい、白っぽくなってしまったので、一部はクリアーを筆で塗ったりしています。

そのため、一部のサビはつやが出ていたりします…

f:id:kzyas:20171019001901j:plain

キャノピーはクリアーブラウンで塗装しておきました。

アームガードもボロボロに。

f:id:kzyas:20171019002126j:plain

 

f:id:kzyas:20171019002226j:plain

f:id:kzyas:20171019002331j:plain

 

f:id:kzyas:20171019002348j:plain

 

ということでコンラートでした。

相も変わらず汚しすぎなのですが、これはこれで満足しています。

コンラートを作りながら同じシュトラール系のグスタフやメルジーネが作りたくなってきたのですが、1/20スケールではどこにも売っておらず…

ただ、1/35スケールがちょうど再版されたので、そちらのほうで楽しみたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。