やすあがりな模型基地

やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

最近の雑記と左手工房 M.C子完成

気が付いたら、もう7月も終わりですね。

全然ブログ更新してないじゃんってことで、またしても思い出したように更新しております(苦笑)

 

在宅勤務が始まってはや4カ月ですが、完全にこの生活に定着してきましたね。

やはり通勤時間が無くなったのがすごくデカいです。仕事が終わったら即プライベートモードになれることが、こんなにも快適だったとは…。

なので私の場合かなり不謹慎ですが、コロナの影響が出る前よりも過ごしやすい状態が続いています。

ただ、今年はワンフェス秋が中止ということで(まあしょうがないですね)しばらくイベントに行けないのが残念ですね。。

ちょうど去年の今日はワンフェスが懐かしいですねぇ…。

ただ、今はいろんなディーラーさんがBOOTHなどで通販を行っているので、今後こういう販売形態が増えて行けば、購入しやすくなってありがたいなと思っています。

 

そんなこんなで、給付金やボーナス支給時期と重なり、さらにワンフェス用の軍資金も用意する必要がなくなったので、最近はアホみたいにガレキを買っています。

半分コレクターのような感じなっているので、これはペースをどんどん上げて行かないとちょっとヤバそうです(苦笑)

 

さて、例年お盆の時期に夏休みなのですが、今年はオリンピックの影響で、例年に比べると少し早い夏休みの取得になりました。

ちょうど明日8/1から夏休みということで、できるだけ集中して制作できればいいなと思っています。

(ちなみに先週の4連休はghost of tsushimaに心を持っていかれてしまい、連休はツシマをリモート観光しちゃってました。。。)

 

ブログを更新していない間に、いくつか完成品も増えているので、更新ペースも上げていきたいんですけど、最近どうも撮影に使っているiphoneの調子が悪いのか、撮影に難航しております。(カメラアプリを起動すると結構な熱量を持つのと、勝手落ちるので

撮影がちょっとストレスに…。)

 

そんなこともあり、ガレキやプラモ用にちゃんとしたカメラを買ったほうが良いのでは…と健闘しています。まあカメラの知識ゼロなので、夏休みでちょっと調べてみようと思います。

さて、だらだらと雑記が続いてしまいましたが、雑記だけではなんなのでつい最近完成したものをお披露目して終わりにしたいと思います。

 

左手工房さんのM.C子です。(私の脳内ではパーカー子というあだ名を勝手につけています)

左手工房さんは主に胸像系のガレキを手掛けていらっしゃいますが、前々からツイッターで他の人が塗っているのを見て、私も塗装してみたいと思っていました。

f:id:kzyas:20200731075231j:plain

ピンクサフまで吹いてしまっていますが、目がクリっとしてて非常にかわいいです。

この状態から、まず肌の塗装を行いました。(途中の写真はこれしかなく…)

 

肌は定番のラスキウスを使っています。

最近はベースのホワイトピーチを塗った後、クリアレッドを薄く乗せ、

続けてクリアオレンジを陰部分に塗装し、最後に少しだけクリアブラウンをざっと全体に塗装するようにしています。

f:id:kzyas:20200731075601j:plain

前にも書いたのですが、白っぽい肌というより、少し赤身やオレンジっぽい肌の色が好みなので、クリアブラウンも少し載せるようにしています。

左手工房さんの胸像キットは筆塗りで完成させている方多いのですが、今の私に筆塗装で肌を塗る技術がないので、ここはエアブラシに頼っています。。

 

で、この後は一気に完成です。

↑の写真と比べると肌は褐色っぽいですが、↑の状態から特に変えていないので、写真の撮り方かな…と思います。

f:id:kzyas:20200731080234j:plain

f:id:kzyas:20200731080238j:plain

f:id:kzyas:20200731080241j:plain

他の方の作品を見ると、どの子もかわいく塗装されていますが、私はまだまだだなぁと感じますね。

特に瞳がクリっとしてかわいいキットなので、もう少し目の塗装はがんばりたかったです。

他にも左手工房さんのキットを買っているので、また作りたいと思っています。

左手工房さんのキットは塗りやすさもあってぐいぐい進み、パーカー子は昨日の朝肌塗装をして、その日の夜には完成しちゃってました。

次はもうちょっと味わって作ってみようと思います。

 

さて、いよいよ明日から夏休みなので、もりもりガレキ・プラモを作っていこうと思います。ブログの更新ペースも上げていきたいなぁ…。

エアブラシと休み

こんばんは。今回は完全なる雑記です。

そういえば気が付くと6月も下旬に差し掛かっていますね。

制作のほうはそれなりのペースですが、どうもブログを更新する気力までは持てておらず、あいかわらず更新ペースが一定に保てません(苦笑)

 

ちょっと私の話になるのですが、私は基本土日休みで、月に一度休日対応があります。休日対応した分は代休をとっています。

で、今日がその休みの日だったのですが、せっかくの休みだったのに、なんとなくだらだらとしてしまい、休みを持て余してしまいました。

 

実はこの休みに間に合わせるために、前日の夜、ヨドバシにこれを受け取りに行っていました。

f:id:kzyas:20200623213140j:plain

あたらしい、エアブラシを購入しました。

これまではタミヤの0.3mmを使っていたのですが、ボーナスや給付金(もたぶんそろそろくるはず…)も近いのと、今のタミヤのエアブラシも購入して6年ほどになるので、新しいものを一本購入することにしました。

 

カッターマットとエアブラシ(上)のギトギトな汚さが目につきますが、まあちょっとそれは置いといてもらって…。

f:id:kzyas:20200623213651j:plain

タミヤのエアブラシはダブルアクションの0.3mm。カップ一体型になっていてシンプルなものです。

一応、定期的にオーバーホールしているのですが、今はちょうどマックスで汚い時期です…。

ちなみにニードルは若干曲がっているので、繊細な吹き方はできないのですが、予備ニードルをどこにやったか探し中で、このまま使っています。(よくないですね…)

このエアブラシ、これといった特徴はないのですが、特に不便もなかったので、基本これ一本で塗装していました。

ちなみにサフは掃除が手間なのでコストはかかりますが、缶スプレーで塗装しています。

 

0.2mmを持っておこうと思ったのは、前のエアブラシを購入してだいぶ経過したのもありますが、今はフィギュアをメインで作っているので、より細吹き出来たほうが、何かと融通がきくかなぁ…と思ったからです。

ちなみ梅雨の時期に入ったからか、ものすごい勢いでエアブラシから水を吹くようになったので、ダストキャッチャーも合わせて買っておきました。

 

そんなこんなで、今日の休みに合わせるために、昨日は仕事が終わった後、これを取りに行って、早めに寝て今日に備えたのですが…。

不思議なことに今朝になると、「まあ、後ででいいか」と思って別のことをしてしまったんですね…。

前の夜は次の日のことを考えて楽しみにしているのに、いざ当日が来るとなぜか気持ちが冷めている。。

こういったことはよくあって、結局今日は新品のエアブラシの試し吹きもせず、だらだらしてしまったわけですが、一日終わりそうになると、もったいないかったなぁと後悔してしまうのです。

なんとなく、前の夜に気持ちを高めすぎていることが原因なような気もするのですが…。

こういう経験って初めてというわけではないので、朝の時点で自分に気持ちがないことがわかると、「今日はダラダラして、夜になったらそれを後悔してそう…」とまで予想できるのですが、その予想を回避できないのは、「後ででもできるから」という感情がどこかにあるからかな…なんて思います。

 

さて、まあどうでもいい記事になってしまいましたが、今回は雑記でした。

次は何かしらの制作記を上げたいなと思います。

皆様、お休みの日は有意義にお過ごしくださいませ。それではまた。

LOVE LOVE GARDEN "RAPOON Female Pilot" 完成

こんにちは。

長らく放置していたLOVE LOVE GARDEN さんのラプーンパイロットを塗装しました。

こっちで背中だけちらっと出ているおねえさんがそうなのですが、放置すること半年以上…。ひとまず完成に持っていきました。

まずはギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20200526065501j:plain

f:id:kzyas:20200526065505j:plain

f:id:kzyas:20200526065508j:plain

f:id:kzyas:20200526065511j:plain

f:id:kzyas:20200526065514j:plain

LOVE LOVE GARDEN さんのフィギュアといえば、1/20がメインですが、このラプーンパイロットはちょっと大きめの1/16サイズということで大きいです。

肌だけラスキウスでエアブラシ、それ以外はファレホとシタデルで筆塗りです。

 

このキット、キャストオフできるのですが、残念ながら(?)完全固定にしてます。。。

塗装する勇気がなかったっていうのもあるのですが、どうも塗膜が厚いせいで、アーマーをかぶせたときに肌の一部剥げてしまい、あ、これはまずいと思って、完全固定するする運びとなりました。

せっかくキャストオフできるのに、ちょっともったいないような気もするのですが…。

 

f:id:kzyas:20200526065517j:plain

ちょっとアップ。。

肉眼では気が付かなかったのですが、口紅の塗りがすごい雑です。

塗っているときは全然気が付かなかったのですが、写真を撮って気が付くことも結構多いです。とりあえず自分への戒めとして、このままアップです(苦笑)

 

瞳の塗装は自分の中では結構マシなほうです。いつもの1/20に比べるとサイズが大きいので、塗りやすかったように思います。

とはいえ、上手な人と比べるとまだ修業が足りませんね…。

上を見ればうまい人だらけで、キリがありませんが、まだまだ精進したいと思います。。

f:id:kzyas:20200526065520j:plain

今回一番手こずったのはスーツ(でいいのかな)の配色でして、このスーツの造形が独特すぎて、どう塗っていいかかなり悩みました。。

これで時間を取ってしまって、長期放置してしまったんですね。

どこからどこまでが境目なのか、ベルトっぽい造形の先が布と一体化していたりして、結構難儀しました。

境目をグラデーションのようにして筆塗りする技術はないので、塗装の境目はくっきり出ちゃっています。

左腕の義手は塗り分けをしておきました。差し色的に朱色を入れたのですが、ここは気に入っています。

最初はオリーブドラブのようなミリタリー色にしようと思ったのですが、ちょっと地味かなぁと思ったので、これまた私の好きな色で自由に塗ることにしました。

こういう配色は、なんとなくテスト機や試作機の配色を連想させるので、試験用スーツってことで、納得しています(笑)

 

ということで、今回はここまで。

それではまた。 

ホネミッツプロダクツ シュトラール陸軍将校(とおまけ)完成

こんにちは。

制作時期が前後しますが、GW明けにホネミッツさんのフィギュアを作成していました。

ホネミッツさんのフィギュアはいくつか購入していて、こっちでも塗っていました。

kzyas.hateblo.jp

マシーネンにピッタリなホネミッツさんのフィギュアですが、今回はフィギュア単体です。

シュトラール製のキットに沿えようかと思ってとっておいたのですが、積んでおくのももったいないので…。

いきなり黒サフから始まっていますが、事前にレジンウォッシュ等に入れて洗浄しておきました。

f:id:kzyas:20200519220042j:plainf:id:kzyas:20200519220043j:plain

お値段やすいにもかかわらず、ヘッドはコンパチになっていて、なんだがすごく得した気分になるフィギュアです…!

 

ヘッドのコンパチはもったいないので、以前制作したフィギュアセットAのおじさんにつけることにしました。

kzyas.hateblo.jp3年前に練習で塗装したフィギュアを再利用することになるとは思いませんでしたが、手ごろなものもなかったので、この機会にリニューアルです。

 

フィギュア本体側の首付近を少しげずってそのまま接着。こちらも黒サフを吹いておきました。

f:id:kzyas:20200519221846j:plainf:id:kzyas:20200519221850j:plain

 

この後はファレホとシタデルで筆塗りして一気に完成に持っていきました。

f:id:kzyas:20200519222246j:plain

▲メインの将校の軍服はネイビーブルーっぽい色で塗ろうと思ったのですが、

フィギュア単体で飾ることを考えると、もっとはっきりした色のほうが良いかと思ったので、イメージを損なわない感じのブルーで塗ってみました。

コンパチヘッドおじさんは黒サフで塗りなおしたのですが、特に何も考えていなかったので、前と同じ色を使ってしまいました(苦笑)

f:id:kzyas:20200519222250j:plain

▲服のしわにはシャドウ入れているのですが、筆塗りでの入れ方がまだまだ下手くそで、ちょっと汚くなってしまいました。

コンパチヘッドおじさんは全体の色が地味なので、ヘッドだけは差し色的に目立たせるようにしました。

f:id:kzyas:20200519222255j:plain

f:id:kzyas:20200519222258j:plain

今回(というかいつも…)は瞳の塗装がうまく行かなくて、早々に妥協してしまいました。

いろいろと並行して制作している分、急ぎすぎてしまったかなと思っていますが、ホネミッツさんのフィギュアはまだいくつかあるので、そちらでリベンジしたいところ…!

短いですが今回はここまで。それではまた。。

GILLGILL カンシガール 完成

こんにちは。

早いもので五月も半ばですね。朝晩は涼しく、日中はだいぶ熱くなってきました。

在宅勤務になってから、あまり外に出なくなったので、日中外に出ると暑くてちょっと驚きます。。

 

さて、今回もGILLGILLさんからカンシガールを塗装しました。

昨年のワンフェス2019冬で購入したものですが、ちょうどリビーヤーシナを塗装した流れで、このガレキも塗装してみました。

 

例によってライトグレーサフから始めました。

土台の部分とこの特徴的なヘッドはタイヤブラックで塗装しておきました。

f:id:kzyas:20200517194207j:plainf:id:kzyas:20200517194211j:plain

それにしても、こういったデザインはどうやって思いつくのか、とても不思議です。

一般的に受けるようなデザインではないかもしれないですが、個人的にとても惹かれるガレージキットです。

 

とりあえず、サフを吹いてからどういった配色にするか悩みました。

リビー、ヤーシナはそのままお手本に近い配色にしたのですが、せっかくのオリジナルキットなので、私の好きな配色で塗ることにしました。

 

ということで、一気に完成ギャラリーに行きたいと思います。

いつも写真を撮るときは白い背景を使うのですが、今回はお試しで背景は黒にしてみました。

全体的に写真が暗くなってしまい、ちょっと失敗感があるので、また練習して撮り直ししてみたいと思います。

f:id:kzyas:20200517202545j:plain

f:id:kzyas:20200517202701j:plain

f:id:kzyas:20200517202738j:plain

 

f:id:kzyas:20200517202824j:plainf:id:kzyas:20200517202827j:plain

肌はラスキウスでエアブラシ、それ以外はファレホなどで筆塗りです。

肌はもうちょっと白いのですが、撮り方がうまくなかったのか、かなり赤みのある肌になってしまいました。。

ホワイトピーチをベースにして、クリアーレッド、クリアーオレンジ、クリアーブラウンの順番で塗っています。

この写真だと全然伝わらないのですが、クリアーブラウンが肌の白さを少しだけ抑えてくれる感じがあって、アニメキャラの様な白い肌ではない、肌の色になっています。

肌以外はファレホの赤色をメインに塗っています。これは単純に自分が好きな色なので、好きに塗ってみよう!といった感じです。

 

f:id:kzyas:20200517204010j:plain

最後はここ最近作ったキャラと合わせておしまいです。

それではまた~。