やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

MK44 HAMMERKNIGHT (完成)

ゴールデンウィーク前に準備を始めて、連休中に完成させたかったのですが、なんだかんだで時間がかかってしまいました。

ハンマーナイトの完成回です。

 

少し前に作っていたアンモナイツと対になるように、女性のフィギュアを添えています。

塗装はほぼアンモナイト同じ。気持ちこっちの方が汚したかな?という感じです。

 

残りはギャラリーになります。こちらからもどうぞ。

f:id:kzyas:20180522231837j:plain

f:id:kzyas:20180522231842j:plain

f:id:kzyas:20180522231847j:plain

f:id:kzyas:20180522231859j:plain

 

フィギュアはいつも通りのラブラブガーデンさんのMK44フィギュアです。

f:id:kzyas:20180522232229j:plain最後は以前作ったアンモナイツとセットで。

ハンマーナイトの方がベースが大きいのですが、これは単純に間違えて一回り大きいものを買ってしまったからです。

(撮影間近になって気がついたので、もはや手遅れでした…。)

 

去年の夏から組み立てていたホワイトナイト、アンモナイツ、ハンマーナイトのナイツ系3種が終わって何だがほっとしています。

 

最近は少しずつ完成のペースが落ちてきているので、少しペースを上げたいところなのですが(まあ、いろんなものに手を出しているからなのですが…)、いろいろ大変になってきたので、一カ月に一個作れればいいかなと思っています。

ひとまず、先日記事にもしたA8/R8は早いとこ完成に持っていきたいと思います。

では、また。

1/12? WORLD FIGHTER COLLECTION ターニャ伍長 その1

こんにちは。

相変わらず、いろんなキットに手を出しているのですが、今回はワールドファイターコレクションよりターニャ伍長を作っていきます。

 

絵柄でわかるとおり鳥山明氏によってデザインされ、かわいらしくデフォルメされています。

お値段安めで、入手もしやすくフィギュア塗装の練習として最適そうだったので購入してしまいました。

f:id:kzyas:20180520093945j:plain

今回は組み立てとサフ吹きまで行いましたが、キットとしては古めなので隙間や合わせ目消しなど少々苦労しました…。

 

まず胴体。肩と首の部分に大きめの隙間があります。

ここは裏から黒瞬着を流し込んで、隙間を消しました。

f:id:kzyas:20180520095023j:plain

 

下半身はスカートで覆うように組み立てる必要があります。

下半身にスカートをくっつけて合わせ目を消してしまうと、足の部分の塗装がしにくくなるので、少々めんどくさいですが、いったん足を切断しました。

f:id:kzyas:20180520095404j:plain f:id:kzyas:20180520095820j:plain

 

スカートの合わせ目を消しつつ、足は後で差し込めるようにしておきました。

(真鍮の長さが違うのは特に意味ないですw)

f:id:kzyas:20180520100001j:plain

 

肩にかかっているベルトからバックのつなぎ目箇所も処理する必要があるので、タミヤセメントでバックを固定して、黒瞬着で強引につなぎ目を消してます。

f:id:kzyas:20180520100241j:plain

 

左腕は両面テープで抑えているだけですが、大体組み立てた状態です。

f:id:kzyas:20180520101251j:plain

 

サフを吹いた状態。

パーティングラインやらやすりの後やら結構目立つのですが、あまり目立たないところはそこそこの処理にして、塗装に入ろうと思います。

f:id:kzyas:20180520101724j:plain

 

デフォルメされたフィギュアの顔塗装が上手くいくか心配ですが、練習と思って気楽にやりたいと思います。

 

ブログを開設してから3周年経過しました。

こんにちは。
このブログも3周年を迎えました。
初記事は2015/5/27なので、正確に言うともう少し先なのですが、開設したのは5月頭で3周年経過したというメールがはてなブログより来ていました。

去年の今頃はちょうどモチベーションを切らしていたので、特に2周年目について書いていないのですが、今年は書けそうです(笑)

 ということで3周年経った今、このブログについて今回は書いていきます。

お礼

もともと熱しやすく冷めやすいので、ここまでは続かないだろうなと思っていました。

この3年間でも全く更新していない時期もあったので、その時は潮時かなとも思ったのですが、なにげなくアクセス数などを見ていると少なからずご覧になっている方がいて、それがちょっとした喜びだったりしました。

自分の製作記をだらだら書いているだけなので、こんな過疎ブログに来ていただき大変恐縮です。ありがとうございます。

3年間の変化

この3年間を振り返ると、大きく2つの変化があったかなと思います。

1つ目は作るモノですね。

ブログ当初はガンプラメインで記事を書いてきましたが、その後は少し戦車→しばらくマシーネン→最近はマシーネンほかガレキなど雑食…と作るもの変わってきたかなと思います。まあここら辺は飽きっぽい自分の性格が出たかなと思っていますw

2つ目は制作スタイルだと思います。

ガンプラをメインに作っていた時はエアブラシを使ってきれいに塗装することを意識していました。

マシーネンを買うようになってからはエアブラシはほとんど使わず、筆での塗装で、いかに「品」のある汚しができるか、それを考えて作るようにしてきました。

振り返るとちょうどマシーネンを作り始めたころの作品はまだ単に汚いだけのもので、いま見るとちょっと恥ずかしいですね。

まだまだ未熟な腕ですが、最近は少しずつですが腕も上がったのかなと思う部分もあります。派手に汚していくスタイルも自分のやり方に合っていると思うので、このスタイルはしばらく崩さずに作っていきたいと思います。

 

この3年間で作ったもので気に入っている作品

この三年間の中で作った作品はだいたい40作品でどれも気に入っているのですが、その中でも特に思い入れのあるものを語りたいと思います。

   HGメッサーラのカテゴリ

f:id:kzyas:20180511091448j:plain

 

まずガンプラからメッサーラですね。一番最初の記事がメッサーラだったのと、初めてここまで筋彫りをしたのでとても苦労したのを覚えています。

ここまでの筋彫りはもうできないだろうなぁ…w

   MGリゼルC型のカテゴリ  

f:id:kzyas:20180511092226j:plain

次はリゼルですね。もともとZ系のガンダムは好きなのもあり、派手に仕上げられたかなと思います。

ほんの少しですが改造もしていてリゼルの頭をZプラスに置き換え、バーニアはメタルパーツにし、デカールも貼りまくって達成感がすごかったです。

 

  • Ma.k シーピッグ

   Ma.k. SEAPIGのカテゴリ f:id:kzyas:20180511092934j:plain

3つ目はマシーネンからシーピッグです。

これは初めてWeb上のコンペに出した作品で、これを作っているときは相当モチベーションが高く、当時の自分では結構頑張って作ったものなので、2年経った今でもお気に入りです。派手な塗装ではないですが、微妙な白の色の変化を出せたと思います。

 

   Ma.K SNAKE-HEADのカテゴリ

f:id:kzyas:20180511093715j:plain

4つ目もマシーネンから。今年の頭に作ったスネークヘッドです。

記事にも書きましたが、こういった造形のデザインはすごくつぼで、上のシーピッグと同様、派手な塗装ではないのですが、カッコ良く作れたと思います。

造形の良さがあってこその作品ですが、原型師の誠さんからコメントをもらえたのもとてもうれしかったですね。

 

  • ゾンビドラゴン

   WERHAMMER ZOMBIE DRAGONのカテゴリf:id:kzyas:20180511094245j:plain

最後はゾンビドラゴン。ほかにもお気に入りはあるのですが、長くなるのでひとまずこの5つ。

初めてのウォーハンマーで生もののプラモデルは衝撃でした。独特なランナー、合わせ目の出ない構成…。いやぁびっくりでしたね。

これを作るまではメカものばかりだったので塗装も楽しく、個人的に羽の塗装はうまくできなと思っています。

これから

これからについてですが、まあ、変わらずまったり更新していこうと思いますw

3年という節目なのでホントだったらブログリニューアルしますとか、そういうイベントあってもいいのかなとも思ったのですが、そういうのはナシw

これからもまったりペースで自分勝手に更新していきます。

ただ、最近作っていないガンプラとかはまた作って記事にしたいなーとは思っています(後はモチベの問題…。)

 

というところで長くなりましたが、4年目もどうぞよろしくお願いいたします。

SAFS A8/R8 その1

こんにちは。

今回はゴールデンウィーク前に準備していたSAFSのA8/R8の続きです。

本体の塗装と汚しまでを行っています。

 

本体はヴィーナスーツのような鮮やかな赤を目指しました。

工兵部隊の中でも暑苦しい奴らが使うのをイメージして、この色です。

f:id:kzyas:20180505174315j:plain

 

ウェザリングマスターでの汚しまで終わっていますが、この後さらに汚すか、デカールを貼るか迷い中です。

パッケージから和の印象を受けたので、あまり使ったことはないのですが、漢字のデカールを入れてみようかと思います。

f:id:kzyas:20180505175404j:plain

 

SAFSだけでは物足りないので、フィギュアも添えます。

おなじみラブラブガーデンさんのフィギュアです。

f:id:kzyas:20180505175743j:plain

 

付属している武器のようなものは使わず、PINKTANKさんの根性棒ラックを持たせます。ちょっとださいですが、マスキングテープで仮のベルトをつけています。

f:id:kzyas:20180505175911j:plain

 

最終的にはこんな感じで飾るつもりです。

暑苦しい工兵隊をイメージできればいいかなと思います。

f:id:kzyas:20180505180403j:plain

動く廃墟 エレヂング その1

こんにちは。ようやく待ちに待ったゴールデンウィークですね。

長期の連休なので前回の記事で書いたキットを置いといて、調子に乗っていろんなキットに手を出しています…。

今回は数ヶ月前に購入していたエレヂングです。

原型制作はぐらまにさんという方で、冬のワンダーフェスティバルでもエレヂングほか出展されていました。

f:id:kzyas:20180430100341j:plain

 

パーツ数は多くありませんが、真っ二つになっているので、まずは合わせ目を消す作業から行いました。ガレージキットなのでプラモセメントでの合わせ目はできません。

なので、黒瞬着で消しました。

上部は目立つので、割と丁寧に消していますが、目立たない下部は結構手抜きです。

f:id:kzyas:20180430100646j:plain

 

写真を見ながら隙間を消しておいたほうがよさそうなところは黒瞬着で消しています。

黒瞬着は結構固いので、リューターを使って強引に消しています。(なのでリューターで削った後が少し残ってしまいました…。)

f:id:kzyas:20180430101005j:plain

 

この後、ジェッソで表面にテクスチャーをつけておきました。

スケールが1/350なので、ちょっと大味な感じになるかもしれませんが、合わせ目消しの際のリューター跡や、やすりの後をこれでごまかします。

f:id:kzyas:20180430101624j:plain

で、現状は缶サフのマホガニーを噴いた状態です。

思ったよりリューターの跡があちらこちらに見えるので、上からジェッソなどで目立たないようにちょっとごまかしていこうと思います(汗)

f:id:kzyas:20180430102031j:plain

他にもGWに入ってから幾つか作り始めたキットもあるので、連休中に記事にしたいと思います。