やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

古今東西 キスショット 12歳Ver その3(完成)

こんばんは。キスショット12歳Ver完成回です。

前回はもろもろの塗装をして、マスキングしたところまででした。

 

とにかく長かったキスショットシリーズの制作もようやく終わりです…!ふぅ。。

いろいろ書きたいこともあるのですが、まずは一気にギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20190330215356j:plain

▲マスキング後、ガイアのアルティメットホワイトを吹きました。

一番心配だったのは、前回の記事でも書いたとおり、肌の部分に塗料が侵食することだったのですが、そういうこともなく、うまくいって良かったです。

f:id:kzyas:20190330215401j:plain

▲完成見本はもう少しジト目っぽい感じなんで、そういう感じにしてもよかったかなと、完成してから気がついたり…。

f:id:kzyas:20190330215407j:plain

▲服はつやあり、それ以外はつやは消しています。

写真だとあんまりわからないですねぇ…。普段写真はiphoneでパシャっと撮って終わりなのですが、白いドレス部分が反射してしまってうまく撮れませんでした…。

撮影のスキルも上げないとなぁ…。

f:id:kzyas:20190330215412j:plain

▲背中には結構な気泡もあったのですが、髪で隠れるのでほぼ処理はせず。

f:id:kzyas:20190330215416j:plain

▲うしろすがた。使用した塗料は前回記載した通りです。

実は白いドレスは高級感を出すために、パール塗料で塗装してみたのですが、ロクに調べもせずに塗装し始めたので、全然パール感がありません…。(肉眼で見てもよくわからない…。)

まあ、パール塗装はまた機会があったら試してみたいと思います。

 

台座についても書いておきます。

3体のキット+アクリル製の台座がセットになっているのですが、ほかのキスショットとも台座を合わせたかったので、一部を木製の台座に差し替えてネームを入れました。

f:id:kzyas:20190330221719j:plain

 

ちょっと曲がってしまったのですが、こんな感じ。

台座に使用した塗料はこれまた他のキスショットと同じようにアイアンペイントで塗っています。

名前も同じく小さく入れておきました。

f:id:kzyas:20190330221247j:plain

 

というところで、キスショット12歳Verでした!

最後にこれまで作ったキスショット3体をまとめて撮ってみました。

f:id:kzyas:20190330222909j:plain

 ▲個々の質はまだまだですけど、3体揃うと満足感がすごいです…!

 

制作を終えて。

さて、ようやくキスショット3体終わりました。ちょっといろいろ振り返りをしていこうかと思います。
ブログの記事数としては3体合わせて6記事なんですが、ワンフェスが終わってすぐに作成し始めたので、すごい長く感じました。普段の制作で感じない疲労感もあったり…。

たぶん普段作らないキャラクターものっていう理由もあるのかなと思います。

反省点はいろいろあるのですが、まあ、ひとまず全部完成したことをまずは喜びたいと思います。

 

振り返ると、エンドレスなやすりがけで気力はがりがり削れていきましたし、完成しても上手くいかなかったことがあったりと、一筋縄ではいきませんでしたが、今はかなりの達成感があります…!

こちらの記事でも書いたのですが、瞳の塗装や肌の塗装なんかはよい練習になりました。「自分にはできないかも…」という感覚から「何とかできるかも!?」と思えるようになったのは大きな収穫です。

 

この3体だと「吸血鬼のなれの果て」Verが一番イメージ通りにできて満足度が高いです。最初に作成した10歳Verの反省点が活きたのかなと思っています。

 

これにてキスショットシリーズの製作記は終わりです。お付き合いいただきありがとうございました。

 

まだまだワンフェスの戦利品が残っているのですが、ガチャーネンの2.0が出たり、他に作りたいものがあるので、次は何を作ろうか迷っています。

ではまた。

古今東西 キスショット 12歳Ver その2

こんばんは。キスショット12歳Verの塗装編です。

前回も書いたのですが、ある程度表面処理が終わった後はベースホワイトのサフを吹いています。

 

まず、肌の塗装です。肌の塗装はさんざん書いてきましたが、ラスキウスを使用しています。

いまさらなんですが、ラスキウスについてはクレオスのスタッフさんが同じはてなブログで詳細に記事にしているので、どうぞこちらを…。

gsicreoshobby.hatenablog.com

肌の塗装はベースのホワイトピーチと、オーバーコート用のクリアーベールレッドを使用しました。

f:id:kzyas:20190328214500j:plain

f:id:kzyas:20190328214953j:plain

左はベースのホワイトピーチを吹いた状態。右はさらにクリアーベールレッドを塗った状態

写真の写りがあんまりよくないのですが、ベールレッドを塗った状態はもうちょっと淡いピンクっぽい肌のような感じです。写真だと日に焼けたオレンジのような感じになってしまっていますが…。

 

髪の毛はサンシャインイエローをベースに橙黄色を混ぜて塗料を作成しました。

f:id:kzyas:20190328215208j:plain

 

ただ、思った以上に黄色かったので、この上からメカトロカラーのあいぼりーを混ぜたものをうっすら吹いたりしました。

f:id:kzyas:20190328215314j:plain

 

次は瞳の塗装です。

f:id:kzyas:20190328215453j:plain

▲白眼はファレホのオフホワイトで塗装しました。瞳は彫が深く、はみ出すこともないだろうとおもったので、2回くらい筆塗りしたあと、クリアーでコートしておきました。

この後の塗装はエナメルになります。

f:id:kzyas:20190328215459j:plain

▲まつ毛をエナメルの黒で塗りました。まつ毛は凸モールドのようになっているので、それに合わせて、塗装しました。

細いまつ毛は前回も書いたのですが、一発で細く書くことはなかなか難しいので、ふと目に書いた後、筆にエナメル溶剤を含めて少しずつ削り取っていきました。

このあとラッカークリアーを吹いてこの状態をコートしました。万が一この後の塗装で失敗して溶剤でふき取りをしても、ここまでの塗装はコートされているので、まつ毛までは消えることがありません。

f:id:kzyas:20190328215503j:plain

▲黒眼を書いた後、虹彩を書きました。

一発で黒眼の丸を書くのは今の私にはできなかったので、やはりここでもすこしずつ円になるように筆にエナメル溶剤を含めて、丸にしていきます。

虹彩はオレンジをベースに少量イエローを混ぜたエナメルです。

ある程度納得出来たらラッカークリアーをふいてコートしました。

f:id:kzyas:20190328215507j:plain

▲最後に光彩の下の部分に普通のイエローをちょっと塗って、上の方にホワイトでハイライトを入れておきました。

まあ、私はまだあまりうまくないのですが、上手な方の作品を見ると瞳の中にもグラデーションがかかっていたりしますよね。あれはどうやってやっているのだろうか…。

 

一旦、ここまでで組み立て見ました。

髪が黄色すぎる気もするんですが、完成品の作例ではこれくらいになっているので、これはこれでいいかな、とも思ったり。

f:id:kzyas:20190328220812j:plain

 

さて、この後はマスキング塗装ですね。。。今回の一番の難関になりそうなところです。

肌の部分をマスキングして、服の塗装をします。

f:id:kzyas:20190328221135j:plain

なんだが、なかなか絵面があんまりよくないんですが、肌の部分をマスキングテープで保護したのですが、形状的にテープだけでは不安な個所があったので、マスキングゾルも使っています。

どうにもこのマスキングゾル使いづらくて、本当にこれでマスクできているのか非常に不安です…。

ここからはアルティメットホワイトで服を塗装するわけですが、マスキングが失敗して、肌の部分にでも染みだそうものなら、やりなおさなければならないので、結構緊張感があります。。。

 

マスキング塗装成功するのでしょうか…。次はなにもなければ無事完成回です。

古今東西 キスショット 12歳Ver その1

こんばんは。

キスショット「吸血鬼のなれの果て」Verが終わりまして、次は12歳バージョンに行きたいと思います。

ようやく3体目のキスショットですねぇ…。なんかひたすら長かった感じがありますが、この記事を書いている時点では完成に近づいているので、完成回までお付き合いください。

 

実はなれのはてバージョンを制作した段階で、いったん他のガレキを制作しようかとも思ったのですが(気力的に前回の「吸血鬼のなれの果て」Verを作って満足してしまった)、せっかく2体作ったので制作を続行することにしました。

 

まずパーツはこんな感じ。

f:id:kzyas:20190327210112j:plain

パーツ自体はあまり多くないのですが、顔とボディが分割されていないので肌と服の塗装でマスキングは必須になるでしょう。

また、顔からボディの中央にかけて、うっすらパーティングラインがあったので、これを消しておきました。

この時点で結構手ごわそうなキットではあったのですが、毎日ちょびちょび処理をして無理のない範囲で進めました。(じゃないとモチベーション持たないので…。)

f:id:kzyas:20190327210811j:plain

写真だとあんまり見えないですが、腕や足にも段差があるのでリューターやスポンジやすりで処理を進めます。

 

またこれまでのキスショットと違うのはこのスカート部分の合わせ目です。

f:id:kzyas:20190327211136j:plain

スカートは透明レジンになっています。

12歳バージョンは透明感のある白いドレスを着ているので、できれば透明のまま制作を続けたかったのですが、合わせ目を消すにあたって、この後サフを吹かねばならず、透明レジンにもどれくらいの気泡や傷があるかわからなかったため、透明のまま制作するのは断念しました。

合わせ目には瞬間カラーパテを使用しています。

 

とりあえず、マスキングテープで仮組した状態です。

f:id:kzyas:20190327211821j:plain

 

素敵な造形です!

やっぱり形が見えてくると少しテンションが上がります。

 

この後、ひたすら気泡埋め、段差消し、サフ→気泡埋め、段差消し…のループです。

長髪になったキスショットの髪の毛のやすりがけは形状的にスポンジやすりでも結構限界で、目立たないところの処理はそれなりになってます。はい…。

 

ある程度消したかなと思ったので、ベースホワイトのサフを吹きました。

f:id:kzyas:20190327213545j:plain

が、吹いた後に気泡を見つけてしまったり、髪の部分は再度やすりがけをしているので、もう一度グレーサフを吹いてやり直したりなど、とにかく作業がエンドレスでがりがりと気力を奪われました。

 

といったところで、今回はサフを吹いたところまで。

お次はようやく塗装。何とか最後まで続くとおもいます。

古今東西 キスショット 吸血鬼のなれの果てVer その1(完成)

こんにちは。

キスショットシリーズ続きまして、「吸血鬼のなれの果てバージョン」です。

なれの果てバージョンは途中の写真を全然撮ってないので(いつものことなんですが)一気に完成品お披露目になります。

 

前回の10歳バージョンの途中から並行して制作したので、いくらか前回の経験を活かすことができたかな…と思っています。

前回は服や髪の塗装を失敗してしまったので、ここは気をつけるようにしました。

主に使った塗料は下記です。

f:id:kzyas:20190326172515j:plain

髪の色はイエローFS13538をメインにキャラクタイエローを少しいれ、前回使用したメカトロウィーゴカラーのあいぼりーを追加して塗装しました。

 

服はシャアレッドをベースにアルティメットホワイトを少しずつ混ぜて調整しました。

シャアレッドのままだとちょっと赤すぎる感じがしたので、ホワイトを混ぜてピンクに近い色を作っています。

 

10歳バージョンもそうだったのですが、とにかく段差とパーティングライン消し、気泡埋め、サフと地味な作業が続きました。顔付近はやすりがけする必要がなさそうだったのが救いでした。。

 

といったところで、ギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20190326173232j:plain

▲10歳バージョンでは反省点が多かったのですが、おおむね満足のデキにすることができました。(とはいえまだまだな部分はたくさんあるのですが…。)

肌は前回同様ラスキウス、服や髪は先ほど書いたとおりです。

ちょこんとすわっているキスショットは、ちょうどこのサイズの台座にぴったりでなかなか気に入っています。

f:id:kzyas:20190326173236j:plain

▲ちょいアップ。。アップになればなるほど粗もボロボロとでてきます…。

長い髪の先端部分のやすりがけまでは気力的に続かず…。

服のしわの部分には少しハイライトも入れてみましたが、ちょっと目立ちすぎて入れなくてもよかったかなと思っています。

f:id:kzyas:20190326173240j:plain

f:id:kzyas:20190326173245j:plain

▲瞳の塗装は一番気合いを入れました。やはり前回と同じで筆塗りです。

 

まつ毛は長めにしてみました。筆だけでは細い線が描けないので、あえてふと目に線を書き、エナメル溶剤ですこしずつふき取って、細くしています。

 

目の色はエナメルのオレンジ等で筆塗りです。

媒体によっては瞳の色は結構ばらばらなように見受けられたので、髪の色や服の色に合わせて、オレンジでいいかなと思ってこの色です。

f:id:kzyas:20190326173250j:plain

f:id:kzyas:20190326173254j:plain

f:id:kzyas:20190326173305j:plain

▲後姿。影の色やハイライトを入れればもっと立体的に見れたのかもしれませんが、とりあえずべた塗りで。

f:id:kzyas:20190326173316j:plain

▲台座と合わせて、ラストの写真です。

 

 

最後にまとめです。

今回は10歳バージョンを作っていたこともあって、前回の経験をすこし活かすことができたかなと思っています。

個人的に瞳の塗りは前回行っていたので、そこまで心配せずにチャレンジできましたし、服や髪の塗装もおおむねイメージどおりできたのではと思っています。

 

今後はサイズ大きめのフィギュアも塗っていきたいと思っているのですが、フィギュアの塗装で一番心配なので瞳の塗装なわけです。前回今回と練習/経験できたのはよかったです。

特に私の場合、ネット/SNS、雑誌等で、情報として塗り方が頭の中にあっても、なかなか苦手分野を行動に起こさないので、ここ最近でチャレンジできたのは大きいですね。(まだまだ解像度粗いですけども…。)

粗いのはこれはもう数こなして質を上げていくしかないかなと思っています。

 

このキスショットの制作で心配だったのは、瞳や肌の塗装では無く、モチベーションが持つのか…といったところでした。

ポーズは違えど、ほぼ同じキャラを連続で制作したので、なかなか気持ちを上げるのに難儀した制作でした。

めんどくさい表面処理やら、10歳バージョンがちょっと失敗気味でしたので、なかなか上がらず…。途中で放置すると中途半端に積みも増えてしまい、10歳バージョンでの制作経験も活かしたかったので、気持ちのアップダウンが激しかった感じでした…。

ここら辺のモチベの管理はまだまだできてないなー、とそんなことを思ったり。(やる気スイッチ的なの欲しい…。)

まあ、ともあれ、完成してなりよりです…!

 

といったところで、「10歳Ver」、「吸血鬼のなれの果てVer」と来て、たぶん次は「12歳Ver」になります。

 

続く…のかな?。

古今東西 キスショット 10歳Ver その2(完成)

こんにちは。キスショット10歳Verの完成回になります。

前回は組み立て、サフ、肌や瞳の塗装をしたところまででした。

 

ここから先は写真を撮っていないので一気に完成写真になります。。実はいったん完成させた後、服の色があまりにもおかしすぎて、塗り直しをしてたりします。

とりあえず、塗り直す前の写真。

f:id:kzyas:20190320050905j:plain

ホントは服の色はやや赤みがかったピンクっぽい(?)感じなのですが、イメージと全然違うので、これを塗り直すかどうかでかなりやきもきし、結局塗りなおすことにしました。

写真の服の色はかなり薄いピンクで、キャラのイメージと全然あってません。。

赤みがかったピンクを自作しようと思ったのですが、横着してだいたいあってればいいだろうとウィーゴカラーのピンクを購入してきました。

 

後、髪の色もかなり薄い黄色になっていて、これもなんか違う感じに。。

キスショット(というか忍野忍)といえば、髪は黄色いのですが、傷物語のキスショットはかなり薄いイエロー(というかアイボリー?)っぽい感じだったので、こちらもウィーゴカラーのアイボリーを使用することにしました。

 f:id:kzyas:20190320053451j:plain

この服の色と髪の色がキャラのイメージとあっていないので相当やきもきした結果、服だけ塗装し直すことに。ただ、もうすべて接着した後だったので、エアブラシは使わず、筆塗りで塗り直し。。

 

後で、近い色がシャアピンクだったことに気がついたので、塗り直しにはこれを使用しました。

ひとまず、キスショットの塗装はここまでにして、台座を作ることに。

 

台座は最近お気に入りのターナーのアイアンペイントです。

 

f:id:kzyas:20190320053602j:plain

金属のような重みのあるブラックで絶妙な質感を出してくれます。これに簡単ですがネームプレートを作ることにしました。

ネームプレートにはA-ONEから出ている、転写シールを使いました。

www.askul.co.jp

 

これ水転写デカールのような感じで使用します。プリンターで印刷し、フィルムを張った状態です。縦1mm×横4mmくらいで3種類のフォントを用意しておきました。やり直せるように予備も含めた印刷です。

f:id:kzyas:20190320054402j:plain

縦1mm×横4mmのプラ版を用意してそこに転写後、台座と質感を同じにさせるためにアイアンペイントを塗って、文字部分はシタデルのゴールドで筆塗りしておきました。

f:id:kzyas:20190320054435j:plain

 

そんなこんなで残りはギャラリーになります。

f:id:kzyas:20190320054718j:plain

f:id:kzyas:20190320054723j:plain

f:id:kzyas:20190320054728j:plain

f:id:kzyas:20190320054733j:plain

f:id:kzyas:20190320054737j:plain

f:id:kzyas:20190320054742j:plain

f:id:kzyas:20190320054746j:plain

f:id:kzyas:20190320054751j:plain

 

結局塗り直しをしても、うーん、そんなに変わらなかったかな?って感じです。やっぱり髪の色が薄すぎるからなのかなーと思っています。

髑髏はシタデルのシェイドで軽くスミ入れをしていているのみです。

肌の色はラスキウスのクリアーベールレッドでコートしたら、肌に赤みが出て多少良くなった気がしています。

 

時間がかかった割には手戻りが多かったりと苦労が多かった作品でした。普段作っているプラモ/ガレキとは畑が違って、思うようにいかなかったです。

ただ、まあ得られたものもあって、瞳の塗装は多少うまくできたかなと思っています。塗装する前はここが一番の鬼門だと思っていたので、思ったより見られる状態になったかな…と。

肌の塗装も下地にしっかりホワイトなりを吹いておけば、もう少しマシになったのかもしれませんが、ひとまずキャラ物にはラスキウスで塗装していこうかと思っています。

 

といったところで、キスショット10歳Verこれでおしまいなのですが、キスショットは10歳Verのほかに「吸血鬼のなれの果てVer」と「12歳Ver」があるので、まだまだ続くんですねぇ…。 

 それではまた。