やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

SEAPIG その6

シーピッグその6は汚し編です。

現在このような感じとなっています。

これでもそれなりに満足なのですが、やはりちょっと物足りない感じ。

f:id:kzyas:20160523202458j:plain

 

これをMr.ウェザリングカラー、マルチブラックでウォッシングのように全身に塗りたくります。

ここら辺までは一機目と汚しは同じです。この色はスミ入れにも使え、ウェザリングにも使えるかなり万能ツールなような気がしています。

f:id:kzyas:20160523202718j:plain

 

専用の薄め液で薄めて、何も考えずにテキトーに塗りたくります。

f:id:kzyas:20160523202740j:plain

 

ただ塗りたくっただけだと汚いので、少しずつ汚しを調整していきます。

専用液を筆に浸します。浸しすぎたらふき取って、筆をウェットな状態にして少しずつ、上から下に向かって、余分な部分をふき取っていきます。

溝やスミの方にいい感じに塗料が残り、少し使い込んだ感じが出たと思います。

f:id:kzyas:20160523202939j:plain

 

さらにチッピング。

傷が付きそうな部分に、エナメルのブラックと少しだけ、ブラウンを混ぜ、面相筆でちょんちょんと塗料を置いていきます。

あらかじめ光沢を吹いているので、失敗したらエナメル用液で容易にふき取りもでき、気持ち的に楽チンな作業です。

まだまだ、傷のつけ方は荒いですが、少しずつ上手くしていきたいところ。

f:id:kzyas:20160523203409j:plain

 

ここまで来たら残る作業はデカール貼りのみです。

キット付属のデカール以外にも、色々なマシーネンのデカールを保管しているので、それらを使いつつ、デカール貼り作業です。

どこにどんなデカールを貼るのかを考えながらのデカール貼り作業はとても好きですw

f:id:kzyas:20160523203801j:plain

 

シーピッグその7では完成品をお見せできると思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました。