やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

MK44 AMMOKNIGHTS その4

今回は荷物の塗装と、デカール貼りをしていきます。かなり地味な回になりそうです。

荷物類はカーキ色、ドラム缶はフィールドグレイで塗装しています。

f:id:kzyas:20160603232046j:plain f:id:kzyas:20160603232049j:plain

 

その後、ウェザリングカラー、ステインブラウンとラストオレンジをブレンドし、ウォッシング。

結構激しくウォッシングしていますが、小物類なので激しい方がいいかなと。

ウォッシングのコーティングとデカール貼りをしやすくするため、光沢クリアーを吹いています。なので、ちょっとテカテカしています。

 

f:id:kzyas:20160603232454j:plain  f:id:kzyas:20160603232546j:plain

 

アンモナイツに付属しているデカールはコーションデカールからマーキングデカールまで様々で、非常によいです。これ単体とかで売ってくれないかなぁ・・・

f:id:kzyas:20160603232840j:plain

 

今回はクローバーマークを選択し、作例を参考に貼っていきました。

デカールを貼った後の全身像はまた次回以降で・・・

f:id:kzyas:20160603233104j:plain

 

ドラム缶類にも貼っておきます。

現実でドラム缶にコーションが書かれるかは謎ですが、ちょっと味気なさがあったので、貼っておきます。

f:id:kzyas:20160603233319j:plain

 

さて、デカール貼りは完了しましたが、機体や荷物は汚しているにもかかわらず、デカール本体には汚しがされていないので、この後デカール中心に汚していきます。

のちのちデカールも汚すのであれば

  1. 塗装して、
  2. デカール貼って、
  3. ウォッシングやドライブラシ等の汚し、スミ入れ
  4. 光沢orつや消しでデカールをコーティング

の方が、デカールも機体もいっぺん汚せて良いのですが、以前、デカールを貼った後にウォッシングやドライブラシをしていたら、デカールが取れたり破れたで散々だったので、最近では、、、

  1. 塗装して、
  2. 汚して、
  3. 汚しを光沢クリアーなどで一旦コーティング
  4. デカール貼り、スミ入れ
  5. 光沢orつや消しでデカールをコーティング
  6. デカール部分中心に汚し

という工程でやっています。

工程数が増えていますが、安全ですし、3でコーティングしていれば、

4でスミ入れが失敗して、ふき取りをしても、2の汚しを消すことなくスミ入れを拭きとれまし、光沢で表面がツルツルな分デカールもシルバリングしにくくなります。

工程ごとにコーティングは、一旦セーブしているような感じです。

 

という所で、今回はここまでです。そろそろ完成させたいところです。

 

最後に・・・

f:id:kzyas:20160603235446j:plain

 

ADIOS!