やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

1/12? WORLD FIGHTER COLLECTION ターニャ伍長 その1

こんにちは。

相変わらず、いろんなキットに手を出しているのですが、今回はワールドファイターコレクションよりターニャ伍長を作っていきます。

 

絵柄でわかるとおり鳥山明氏によってデザインされ、かわいらしくデフォルメされています。

お値段安めで、入手もしやすくフィギュア塗装の練習として最適そうだったので購入してしまいました。

f:id:kzyas:20180520093945j:plain

今回は組み立てとサフ吹きまで行いましたが、キットとしては古めなので隙間や合わせ目消しなど少々苦労しました…。

 

まず胴体。肩と首の部分に大きめの隙間があります。

ここは裏から黒瞬着を流し込んで、隙間を消しました。

f:id:kzyas:20180520095023j:plain

 

下半身はスカートで覆うように組み立てる必要があります。

下半身にスカートをくっつけて合わせ目を消してしまうと、足の部分の塗装がしにくくなるので、少々めんどくさいですが、いったん足を切断しました。

f:id:kzyas:20180520095404j:plain f:id:kzyas:20180520095820j:plain

 

スカートの合わせ目を消しつつ、足は後で差し込めるようにしておきました。

(真鍮の長さが違うのは特に意味ないですw)

f:id:kzyas:20180520100001j:plain

 

肩にかかっているベルトからバックのつなぎ目箇所も処理する必要があるので、タミヤセメントでバックを固定して、黒瞬着で強引につなぎ目を消してます。

f:id:kzyas:20180520100241j:plain

 

左腕は両面テープで抑えているだけですが、大体組み立てた状態です。

f:id:kzyas:20180520101251j:plain

 

サフを吹いた状態。

パーティングラインやらやすりの後やら結構目立つのですが、あまり目立たないところはそこそこの処理にして、塗装に入ろうと思います。

f:id:kzyas:20180520101724j:plain

 

デフォルメされたフィギュアの顔塗装が上手くいくか心配ですが、練習と思って気楽にやりたいと思います。