やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

シャーマン ファイアフライ[1/35] その3

シャーマン ファイアフライ(アスカ製)完成編です。

 

まず、サフ吹き。タミヤのオキサイドレッドを塗っておきます。

実際の戦車もサビ止めとしてこのような色を塗っていたらしいので、今回はこの色をチョイス。

 

f:id:kzyas:20160305232711j:plain

 

その後、濃松葉色をエアブラシでムラになるように塗装。

グリーン系の色がかなり余っているので、適当に良さそうなのをチョイス。

f:id:kzyas:20160305232743j:plain

 

一通り、塗装したら汚し塗装。自分で模索しながらやったのでこれでいいかは謎です。ウェザリングカラーのブラウンをシャバシャバに薄めて、車体にぴたぴた塗料を置いていく感じです。基本ふき取りもしないで置いたまんまです。

ウォッシングっぽい感じで、スミ入れも兼任しています。

f:id:kzyas:20160305232943j:plain f:id:kzyas:20160305233108j:plain

 

写真だとわかりづらいかもですが、リベットなどが際立っていると思います。

f:id:kzyas:20160305233419j:plain

 

ウォッシングっぽいことが終わったら、ウェザリングマスターのAセットを使って、ドライブラシっぽいことをします。

付属のスポンジでもいいのですが、なんとなく、ドライブラシ用の筆でチャレンジ。

粉のままふでにつけて、角や上の写真のようなリベットにこすりつけておきます。

そうすると、上手いこと陰影が出来る、、、ような気がします。

f:id:kzyas:20160305233736j:plain f:id:kzyas:20160305233834j:plain

 

他にも浮き錆びの表現をしようとしましたがうまくいかず・・・

汚しをする前にWeb上で作例や、ホビーショップに行って完成品を見たりもしましたが、なかなか上手にいかないものです。

f:id:kzyas:20160305234014j:plain

 

とここで写真を撮って気がついたのですが、デカールを貼るのを忘れていたので、あわてて貼りつけ。

貼りつけ後、艶消しを吹き、再度軽く汚して完成としました。

f:id:kzyas:20160305234545j:plain

 

自分としてはこれで満足なところもあるのですが、やはり上手な作例と比べると天と地の差です。。。単に汚い汚しになってしまっているので、「きれいな汚し」を心がけたいところ。汚しの感覚は沢山作って自分なりのやり方を確立するしかないのでしょうね。

f:id:kzyas:20160305234917j:plain

デカールは一番派手目なやつをチョイス。

 

星マークのデカールは途中破れてしまったので、傷をつけようと試みたものの、デカールそのものが真っ二つになりそうだったのでやめました。

微妙に英数字のデカールがシルバリングしてます。。。

f:id:kzyas:20160305235309j:plain

 

サンドシールドのリベットはウェザリングマスターのおかげで目立っているかなと思います。

キャタピラも大胆に汚そうと思いましたが、これ以上汚しはやらない方がいいという神のお告げがあったのであまり汚しはしていません。車体が汚れていて、キャタピラがあまり汚れていないのは不自然ではあるのですが。。。

f:id:kzyas:20160305235535j:plain

 

ちょうど71の下にある刻印もドライブラシで目立ったかなと思います。結構お気に入りのポイントw

f:id:kzyas:20160306000032j:plain

 

というところで長くなりましたが、ファイアフライ一体目を完成としました。

まだまだきれいな作品ではないのですが、それでも個人的には満足。今の自分にはここまでと言い聞かせて、もう一体のファイアフライの崩壊したキャタピラをどうするか考えていきたいと思います。