やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

FIRE BALL その2

引き続きファイアーボールです。

ファイアボールは並行して2機作成しており、今回は2機目の製作記です。

まあ、やっていることはほぼ1機目と同じなのですが…

 

ベース色は1機目と同じアンチフラッシュホワイト。

その後、ウェザリングカラーのグランドブラウンとマルチブラックを適当に混ぜて塗りたくりました。

比率は忘れましたが、気持ちグランドブラウンを多めにしています。

f:id:kzyas:20170930070154j:plain

 

ある程度乾いたらふき取り。

ほぼほぼ、ふき取ってしまっているように見えますが、溝やエッジ付近に塗料を寄せるようにしてわずかに塗料を残すようにしています。

f:id:kzyas:20170930070358j:plain

 

このあと油彩を使ってサビやらチッピングっぽいことをします。

基本はこの2色。

f:id:kzyas:20170930070518j:plain

 

エッジを中心に書き込みを行いました。

宇宙用の機体でサビはあり得ないんですが、そこは無視ですw

f:id:kzyas:20170930070640j:plain

 

次は背中にあるエンジン、バーニア、タンク部分の塗装です。

まずタンク部分はベースにファレホのシャドウフラッシュを塗りました。

f:id:kzyas:20170930071945j:plain

これは、フィギュアの顔の影になる部分に使おうと思って購入したのですが、サビっぽい色にも使えそうだったので、塗ってみました。

これでタンクのベースを塗った後はブラックでウォッシング後、ウェザリングマスターなどで汚します。

f:id:kzyas:20170930071242j:plain

 

エンジン部はファレホのブラックグレイをベースに塗装。

これはよく使うのですが、その名の通り黒に近いグレーで好みの色です。

f:id:kzyas:20170930072115j:plain

 

ベース色を塗った後は、

ガイアノーツから出た新作のエナメル塗料でウォッシング→プレミアムな艶消し→ウェザリングマスターのシルバーでドライブラシをしました。

f:id:kzyas:20170930072439j:plain

f:id:kzyas:20170930071931j:plain

プレミアムトップコートは初めて使いましたが、普通のに比べると乾くのが早く、きめが細かくて使いやすいような気がしました。

普通のものだと吹き付けすぎて、磨りガラスのような感じになったりするのですが、プレミアムトップコートはそうなりにくい気がしました。

 

その後デカールを貼り、さらにウェザリングマスターのアカサビでさらに汚しました。

油彩で塗装した付近は激しめに汚し、それ以外はうっすらアカサビを乗せておきました。

f:id:kzyas:20170930073242j:plain

 

飾り台も表面をやすりで整え、クリアーブラウン→光沢クリアーを繰り返し、コンパウンドなどで仕上げています。ここらへん自分の中では鉄板のやり方になってきました。

 

わかりにくいのですが、左がコンパウンドまで磨いたもの、パッケージがわずかに反射しています。

右側はやすりで表面を整え、クリアーブラウンを塗装したもの。(クリアーはこれから)

f:id:kzyas:20170930073601j:plain

 

残るは中の人を塗るのみ。

本当は9月で完成させたかったのですが、10月になりそうです。