やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ

ハイゴッグその1

ひさしぶりにガンプラの製作記です。ひさしぶりのガンプラハイゴッグです。

f:id:kzyas:20180921214405j:plain

 

前回の記事(ワンデイモデリング)から一日後、ふとハイゴッグが作りたくなりました(笑)

この記事を書いている時点ですでに完成しているのですが、最近はとにかくスピードを意識していて、超高速モデリング。五日間ほどで完成です。

 

最近マイブームの雪ビネットで、冬季仕様のハイゴッグを作ることにしました。

で、スピードアップも兼ねて、腕はハンドミサイル装備で固定しています。

ハイゴッグの魅力をあえて殺すことになってしまいますが、個人的にこのハンドミサイル装備もカッコ良くて好きなんですよね。なにより、オレンジのハンドミサイルは刺し色にぴったりです。

 

今回、ハイゴッグは1/35スケールという脳内設定にしています。

人物がいた方がよりビネットらしくなると思ったからです。

 

ハンドミサイル装備で固定なので、腕は大胆に切断し、後でミサイルにはめられるようにしています。

f:id:kzyas:20180921215331j:plain f:id:kzyas:20180921215335j:plain

 

下地にはジェッソ+黒サフで質感を出しておきます。まあいつも通りです。

f:id:kzyas:20180921215440j:plain

 

黒サフ後、インターミディエイトブルーの缶スプレーでムラになるようにササっと塗装。ムラムラですが、まったく気にしません。

乾燥したら、タミヤの歩兵を置いて、情景を考えていきます。

f:id:kzyas:20180921215653j:plain

 

この後、シタデルのセラマイトホワイトをうすーく塗ります。これもかなり塗りが雑ですが、正直下地塗装をしている感覚なので、もう雑塗りです。

逆に塗料が濃すぎると、先に塗ったブルーが活きてこなくなるので、濃く塗りすぎないように気をつけました。

f:id:kzyas:20180921215949j:plain

 

この後、ウェザリングカラーのグランドブラウンなどで濃いめにウォッシング。いつも通りですが、まあ、何も考えずに塗っています。

気をつけるのはふき取る時で、綿棒で上から下にスジができるようにふき取りしていきます。

数時間置くのがポイントで、下地のジェッソのおかげもあって、塗料が引っ掛かり、いい感じにしみこんでくれます。

f:id:kzyas:20180921220146j:plain

タミヤのフィギュアもがんばって塗装ですが、メインがハイゴッグなので、あまり力は入れていません。

特に顔塗装ですが、瞳などはスミ入れのような感じで、影のようにしています。

f:id:kzyas:20180921220806j:plain

 

で!ここからが私なりの本塗装(笑)サビの書き込みです。

サビはこのブログ内でも書いてきましたが、油彩。

バーントシェンナをメインに細筆で書き込みをしていきます。

より錆びる部分には、ブラックでブレンディングし、サビ垂れなどはウェザリングカラーのラストオレンジを使用します。

基本この3色でサビの表現はできると思います。

f:id:kzyas:20180921221533j:plain

 

サビの書き込みで3日くらいで使ったのですが、それ以外は基本そんなに力を入れていません。塗装も缶スプレーのムラ塗りですし、ウォッシングもふき取りさえ、気をつければいいだけなので、サビの書き込みだけに神経を注ぐことができます。

 

この裏で雪のビネットも作成していますが、それはこちらと同じです。

 

ということで、制作記はここまで、その2はギャラリー編です。