やすあがりな模型基地

やすあがりな模型基地

プラモデルの制作過程を記録しておくためのブログ。難しいことは一切できない。でもいいじゃない、楽しければ。そんな感じ。

ねこみんと みんとちゃん その2(完成)

ねこみんとさんのみんとちゃん完成回です。

製作記はこちらです。

kzyas.hateblo.jp

早速ですが、ギャラリーに行きたいと思います。

f:id:kzyas:20190908154247j:plain

▲肌色は前回の記事でも書いたのですが、ラスキウス。今回はクリアーペールレッドのほかにクリアペールオレンジも使っているので、肌色がこれまでのフィギュアとは少し違う感じになったと思います。

f:id:kzyas:20190908154252j:plain

▲髪の毛はガイアのエメラルドグリーンに少しストーングリーンを混ぜています。

普段、こういった色は使わないので、なんか新鮮です。耳はファレホの筆塗りで塗装しています。

f:id:kzyas:20190908154337j:plain

▲瞳は付属のデカールです。いやあ、やっぱりデカールあると楽チンですね(笑)

水着部分はファレホの筆塗り。この距離だと線がよれているのがばればれですけど、遠目から見ればそんなに気にならないので…。

 

のこりはぐるっと一回り、載せたいと思います。

f:id:kzyas:20190908154300j:plain

f:id:kzyas:20190908154305j:plain

f:id:kzyas:20190908154312j:plain

f:id:kzyas:20190908154316j:plain

f:id:kzyas:20190908154321j:plain

f:id:kzyas:20190908154342j:plain

▲普通に飾っていると見えない部分も載せておきます。

 

まとめ

忍野忍とほぼ同時平行での製作だったのですが、忍ちゃんの肌が白いなぁと思っていたのもあり、結構赤みというか、日にやけたような肌の色にしました。個人的にこのくらいの肌の色が好みです。

フィギュアによって肌の色は変えた方がいいと思うのですが、このキットは水着だし、きもち焼け目の肌でもまあいいかなと思っています。

そのうち、褐色肌のフィギュアも一体作ってみたいですね。ラスキウスのココアミルク(褐色のベース色)が余ってしまっているというのもあるのですが…。

 

失敗談を話すと、塗装していた期間ががっつり梅雨の時期で、エアブラシから水が結構噴出しました。

知識として湿気の多い時期に水が噴出すことは知っていても、実際に噴出すと結構焦ります。

あと、最後につや消しのスプレーを吹いたときにもろに"かぶって"しまい、完成を焦るばかりに余計に時間食ってしまいました。(一応塗りなおして修正はしているのですが、髪の毛の一部は少しあとが残っていたり…。)

 

まあ、そんなこんなで、ブログでは2記事と少ないのですが、製作期間は一ヶ月ちょっとと私にしては比較的に長めで達成感があります。

このみんとちゃんはポーズが独特で絵になるので結構気に入っています。

夏の間は見える範囲に飾っていたのですが、そろそろショーケースに入れてホコリを避けたいと思います。

 

それではまた~。